外壁塗装マスター

外壁塗装マスター

雨漏り修理 市原

大正12年9月1日に起きた関東際震災を 首都直下地震と思い込んでい

投稿日:

大正12年9月1日に起きた関東際震災を
首都直下地震と思い込んでいる人の多いこと多いこと。
どう思いますか。



【大正12年9月1日に起きた関東際震災を首都直下地震と思い込んでいる人の多いこと多いこと。どう思いますか。 】(ID非公開さん)
・そうです*1。チコちゃん(5才)に「ボーっと生きてんじゃねえよ!」と叱られます。
それと、「首都直下地震」に地震発生確率(長期評価)*2があると「思い込んでいる人の多いこと多いこと」。
*1:「首都直下地震」(19地震)には「フィリピン海プレート内の地震」などのほか「活断層」の地震も含まれています。
「大正型関東地震と元禄型関東地震」などは含まれていません。
内閣府の
「首都直下のM7クラスの地震及び 相模トラフ沿いのM8クラスの地震等の震源断層モデルと震度分布・津波高等に関する報告書 図表集 平成25年12月 首都直下地震モデル検討会」< 『図 50 首都直下の M7 クラスの地震の震度分布(19 地震) (1)都心南部直下地震(Mw7.3) フィリピン海プレート内の地震 (Mw7.3) (2)都心東部直下地震(Mw7.3) 同上 (3)都心西部直下地震(Mw7.3) 同上 (4)千葉市直下地震(Mw7.3) 同上 (5)市原市直下地震(Mw7.3) 同上 (6)立川市直下地震(Mw7.3) 同上 (7)川崎市直下地震(Mw7.3) 同上 (8)東京湾直下地震(Mw7.3) 同上 (9)羽田空港直下地震(Mw7.3) 同上 (10)成田空港直下地震(Mw7.3) 同上 (11)さいたま市直下地震(Mw6.8) 地殻内の浅い地震(Mw6.8) (12)横浜市直下地震(Mw6.8) 同上 (13)茨城県南部地震(Mw7.3) プレート境界の地震(Mw7.3)※1 (14)茨城・埼玉県境地震(Mw7.3) 同上 (15)関東平野北西縁断層帯の地震 (Mw6.9)(前回の計算結果) 活断層(Mw6.9) (16)立川断層帯の地震(Mw7.1) (17)三浦半島断層群主部の地震(Mw7.0 ) (18)伊勢原断層帯の地震(Mw6.8) (19)西相模灘の地震(Mw7.3) 地殻内の浅い地震(横ずれ断層型Mw7.3) ※1:この表において「プレート境界の地震」は、北米プレートとフィリピン海プレートの境界の地震をいう』 「※浅い地殻内の地震については評価に含めていない。」 *1:前回の首都直下地震は①〜⑧。 「相模トラフ沿いの地震活動の長期評価(第二版) 概要資料 平成26年4月 地震調査研究推進本部 事務局< 『1633 寛永小田原地震(M7.0) 1648 慶安相模地震(M7.0) 1649 慶安武蔵地震(M7.0) 1703.12.31 元禄関東地震(M7.9) ①1782.8.23 :天明小田原地震(M7.0) (・・・・1813年:M8クラス間隔220年の後半・・・) ②1853.3.11 :嘉永小田原地震(M6.7) (12月23日(嘉永7年11月4日) 安政東海地震(東海・東南海地震) - M 8.4、 12月24日(嘉永7年11月5日) 安政南海地震 - M 8.4、) ③1855.11.11 :安政江戸地震(M7.0~7.1) ④1894.6.20 :明治東京地震(M7.0) ⑤1894.10.7 :東京湾付近のやや深い地震(M6.7) ⑥1895.1.18 :茨城県南部の地震(M7.2) ⑦1921.12.8 :茨城県南部の地震(M7.0) ⑧1922.4.26 :浦賀水道付近の地震(M6.8) 1923.9.1 大正関東地震(M7.9) ⑨1987.12.17 :千葉県東方沖の地震(M6.8) 』 『元禄関東地震以降現在までの間にM7程度の地震が9回発生して いる。発生間隔はばらつきが大きく、0.3~71年となる。元禄~大正 関東地震のサイクル間220年間に8回(①~⑧)発生していることより、平均発生間隔を27.5年として、ポアソン過程から発生確率を算出』 『プレートの沈み込みに伴うM7程度の地震の特徴 ・元禄関東地震(1703年)と大正関東地震(1923年)の間の220年間でみ ると、地震活動は前半は比較的静穏で、後半に活発、また、大正関東 地震(1923年)以降現在に至る90年間でみると、静穏な期間が継続 ⇒ 今後、次の関東地震の発生に向かって、地震活動が活発になる可 能性 ・1894~1895年にかけて3回、1921~1922年にかけて2回の地震が発生 ⇒ 短期間内に連続して発生する場合がある』 *2:長期評価(地震発生確率など)は 「平成30年2月9日現在 今までに公表した活断層及び海溝型地震の長期評価結果一覧」< を。 「大正型関東地震と元禄型関東地震」は、 「相模トラフ沿いの地震(第二版)・次の相模トラフ沿いの M8クラスの地震(注12)、 長期評価で予想した 地震規模 (マグニチュード):M8クラス (M7.9~M8.6)」 を。 「フィリピン海プレート内の地震」などは、 「相模トラフ沿いの地震(第二版)・プレートの沈み込みに伴うM7程度の地震、 長期評価で予想した 地震規模 (マグニチュード):M7程度 (M6.7~M7.3)」 を。 ◆そうなんですか? 「関東大震災」ではなく「関東際震災」がですか?(笑) ◆本当は神奈川県直下型地震なんですよねぇ。 ◆首都直下地震の震源は何パターンか想定されていますが、大正関東地震型もその一つです 平田直「首都直下地震」(岩波新書)に詳しく書いてあります ですから、思い込んでいるのではなく、地震のことをよく勉強しておられるのかもしれませんね

-雨漏り修理 市原
-, , , , , ,

Copyright© 外壁塗装マスター , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.