外壁塗装マスター

外壁塗装マスター

屋根修理

先日の大阪地震で両親が被災し、屋根と壁の一部が損壊しました。 修理

投稿日:

先日の大阪地震で両親が被災し、屋根と壁の一部が損壊しました。
修理に300万円以上かかるのですが、築50年以上の古家なので、修理するより買い替えを検討中です。ローンなし土地有りです。 土地は売却しても1000万にはなりません。
年金暮らしの両親には手持ちの資金はありません。
両親:70代 年金暮らし 持ち家
私ども家族:夫婦30代、幼児2人 社宅
①土地を売って数百万円台の小さな中古マンションを購入。将来的にほぼ何も残らないので私どもにメリットがあまり無いが、最も早く解決出来る。
②私ども家族がその土地に二世帯住宅を再建する。土地代なしで建築可能。親の死後は賃貸にすることも可能。将来子供に二世帯の家と土地を残せる。
③建物は無くし、貸地とする。別途二世帯住宅を建設し、貸地の賃料をローン支払いの一部に充てる。②案プラスもう一つ土地が残せる。住宅ローンが高額になるが、最終的に土地が2件残せる。
思いつくのは上記くらいですが、その他妙案ありませんか?アドバイスをお願いします。



介護付き老人ホームなどへの入居にいくら必要なのか知りませんが...
手元に資金を置いておくのが、70代のご両親の場合、大切かなと思います。
したがって土地を売却し、病院やスーパーが近くにあって、エレベーターで車椅子でもアクセスがいい、住み易い二人用のマンションを賃貸するのです。
家を購入しても、地震で建物が半倒壊すれば、いきなり不良資産です。
リスクが高い。
それであれば資金は柔軟に住まいを変えていくために確保し、賃貸がいいのかなと思います。
しかも気密性の高い住まいは、ヒートショックの心配も少なくて、マンションはお庭の手入れの面倒もなく、更にこの際IHにしておけば火災の心配もなくて安心ですよね。
◆ありがとうございます。
2人で年金が月19万円程度です。賃貸ですとおそらく土地の売却益を切り崩しての生活になりそうです。
◆300万の修繕費ということですが、直す方向でもう少し見積もりを沢山とってみてはどうでしょう。
50年は決して古家ではないとと思います。うちの実家は100年超えですが、修繕しながらその家に住み続ける両親のことを今は理解できます。
ご両親は今の家に対して執着はありませんか?
変化を求めて動くと結局もっともっとお金がかかると思います。
◆土地を売却して、その資金を頭金として別の土地を購入し二世帯住宅を建てるのが一番いいと思います。あなた方夫妻はずっと住めますから。


-屋根修理
-, , , , , ,

Copyright© 外壁塗装マスター , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.