外壁塗装マスター

外壁塗装マスター

屋根のメンテナンス

天窓について。 天窓にヒビが入りました。 娘の部屋ですが娘曰く何年

投稿日:

天窓について。 天窓にヒビが入りました。
娘の部屋ですが娘曰く何年も前からとのこと。
こんなヒビが入ってたのを知らなくて
よく雨漏り、そしてこの前の大阪地震で割れなかったなと怖くなり
サッシ屋さんに見てもらいましたが
屋根に上ることになるので足場を組むなど割と金額もたいそうになりそうで…
こちらでも同じよう方が質問されていて
雨漏り、割れなどの質問を見つけましたが
雨漏りや地震で割れるなどは
おそらく大丈夫であろうとの回答。
サッシ屋さんも同じように針金は割れない為に入ってるし雨漏りも大丈夫そうだが
100%ではないとのこと。
ですがかなりの金額になりそうで
このままでも大丈夫そうなら
このままでいきたいのですが………
こういう類に詳しい方教えてください。



他の方の回答の通り熱割れという現象です.
網入りの天窓によく発生します.網(金属)とガラスの熱膨張率が違うために起こりやすいです.
ペアガラスの室内側だけが割れているので、雨漏りや破片の落下は心配しなくても大丈夫です.そのまま何年も使い続けている人は大勢います.
メーカーによって対応は違いますが、リクシルを例に取ると、2年以内の場合は完全無料で交換できます.
10年以内ならガラス代のみ無償で、アルミ障子と交換費用のみ有償だったと思います.(リクシルのメンテナンスにて交換した場合のみです.また設置条件によっては適用されないこともあります.例として煙突状の熱がこもりやすい状態)
ワタシも何台も交換したことがありますが、結構重量があって1人では無理ですし、屋根の勾配や、登るための経路によっては足場を掛ける必要があり、費用はかなりかかります.簡単に屋根に登れるようならいいんですけどね.
網入りだと再発の可能性が0ではないので、合わせガラス仕様にするとかなり再発の頻度は減ります.私の経験では合わせガラスでの再発はありませんでした.
写真を見ると遮熱の蒸着膜が変色しているので、空気層内に空気が出入りしないように、ひび割れの部分に透明なシーリング剤を塗った方がいいかも知れません.これが悪化すると内部結露によって水分が空気層内にたまる可能性があります.
◆合わせガラスはお値段が
高いのでしょうか??
我が家は築15ですので
補償は効かないです。
この道のプロの方のようですね。
とてもアドバイス的確で
参考になりました!
交換となればかなり
お値段かかりそうなので、
他の方も勧めて下さった
シーリングでひとまず
しのぐ、方向で考えようかと
思います。
回答感謝致します!
◆サッシ屋です。 通常 天窓は外部に ト-メ-硝子 内部に網入り硝子がはいったペア硝子ラスになっています。皆さんが言うように 熱割れで 網入りの方に割れが生じたのでしょう。くずれて落ちることはないと思いますが、ペアの内部に 冬場に結露が起き、徐々に水が溜まってきます。この時点で シ-リング部に 劣化があると雨漏りの原因にもなります。昔はほとんどが網入り硝子を使用していましたが 今は いろんなタイプがあります。強化硝子、合わせガラスなどのペア。 屋根の勾配状態が どんなものなのか、足場が必要となるのか! それにより工事費は かなり違います。ご検討ください。
◆建築基準法の観点からも説明します。
まず天窓を潰すには、その天窓が採光計算に換算されていないかの確認が必要です。採光計算上で必要なのに、勝手に閉じてしまえば違法建築物になります。→売るときに困る
熱線割れはワイヤーの入っていないガラスを使えば、今後は割れないと思います。ただし準防火地域や防火地域ではワイヤー入りガラスが必須の場合がありますので注意が必要です。
もし両方に該当しないなら、ワイヤーなしのガラスで効果する方が良いです。
◆網ガラスの網は、割れたときに破片が飛び散らない為に入っています。
強度は普通のガラスとまったく同じです。
ヒビの具合から見て網入りガラス特有の、
”熱割れ”なので交換してもすぐに再発すると思います。
1、天窓は無くす
2、同じガラスで交換→また熱割れでそのたびに交換します
3、アクリルに交換→紫外線で曇り数年毎に交換します
4、内窓付けて2重窓にする→熱割れ対策だが結果は?
◆熱割れですね。
入れ替えは高額になります。そのままですと雨がしみこみガラス内のワイヤーを錆びさせ数年後に落下の恐れがあります。
入れ替えずに割れたところに沿ってシーリングしておけば大丈夫ですよ。
ホームセンターで売ってますシリコンで充分です。
サッシャさんの言う雨漏りは大丈夫は言い逃れです。シリコンさえしておけば防げます。
◆ブロック塀が倒れたとき、たまたま通りがかった子供に直撃。
ガラスが割れ落ちた際、、たまたま家族が下を通らない保証はない


-屋根のメンテナンス
-, , , , , ,

Copyright© 外壁塗装マスター , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.