外壁塗装マスター

外壁塗装マスター

外壁塗装

2000年以降位に建てられた一般的な建売戸建ての屋根・外壁塗装につい

投稿日:

2000年以降位に建てられた一般的な建売戸建ての屋根・外壁塗装について。
一般的に10~15年で塗り替えた方がいいと言われていますが。 リフォーム関係の人が、実際はヒビ、割れ、めくれ等がなければ数十年は大丈夫、と言っていました。
正しいでしょうか?
もちろん屋根とかは自分で確認することは無理ですが。



なぜメンテで上塗りするかというと、
塗膜が劣化して塗膜内部に雨が侵入し、その雨がさらに内部の
木材を腐らせてしまうから。
したがって塗膜がいくら劣化してもヒビがあっても、
木部まで届いていなければ、理論的には木は腐らない訳ですよ。
スレート瓦も割れていない限り、表面が傷んでいるだけでは
それで雨が侵入する訳ではない。
したがってなかなか表面の劣化具合だけでは判断がつきにくい。
しかしメンテしないとさらに傷んで酷いと全部張り替えるハメに
なってしまう。
そこで塗膜が劣化した10年とか15年くらい、あるいは個々の違い
で明らかに劣化したと判断したときに、上塗りをして確りと塗膜を
造っておけば、内部の木材まで腐ることはないのですよ。
◆壁がモルタルなのか窯業サイディングなのかわかりませんが10年過ぎててヒビがないなんてありえません。8年目ぐらいに塗装するのが1番いいですよ。
早ければ早いだけ塗装が長持ちします。
◆10年、15年経てば、外観がみっともないほど汚れます。
それでも平気なら、いいんじゃないの。
◆建物に使用されている素材によっても様々です。
10年~15年を目安にメンテナンスは必要ではないでしょうか。
例えば、屋根・カラ-ベストは塗膜の劣化を防ぐために塗り替えが
必要です。細かいところまで言えば棟板金の釘が抜けてないか
確認を含めての処置もたいせつです。
屋根瓦で言えば瓦のズレの確認や漆喰の塗り直しが必要になります。
◆リフォーム関係の人が、実際はヒビ、割れ、めくれ等がなければ数十年は大丈夫、と言っていました。
正しいでしょうか?
正しくはありません。ココでも多いですが、質問者の意に沿った大嘘とは言いませんが、嘘になるような気休めを言って信用されたいとか、良い人に思われたいとかでしょう。
◆数十年大丈夫といった人の根拠は?
10から15年で塗り替えたほうが良い根拠は、多くの建材が試験の結果10年程度の耐久性としているからです。実際は試験結果の倍ぐらいは持ちますので、どの建材も10年程度でのメンテナンスを薦めています。また、家は地震や地殻の変動で動いていたり、木造でもRC造でも、初期の収縮で家は動きます。なので、建築後5年以上経ったらメンテナンスをするのが望ましいです。
それと住宅瑕疵担保履行法で守られる期間も10年ですので、それが切れる頃に点検も兼ねてメンテナンスするのが良いと言うわけです。
リフォーム関係といっても素人同然の人もいますので、安易に信じてはいけません。


-外壁塗装
-, , , , , ,

Copyright© 外壁塗装マスター , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.