外壁塗装マスター

外壁塗装マスター

外壁塗装 津市

和歌山県は鉄道会社が多かったですよね?なぜですか?南海という大手私

投稿日:

和歌山県は鉄道会社が多かったですよね?なぜですか?南海という大手私鉄も存在しますし、紀州鉄道という変わった鉄道会社(不動産業者と呼ぶべき?)もありますし、野上電鉄などの廃止されたところもあります。 なぜこんな地方に多くの鉄道会社が存在したのですか?明治時代の和歌山市は人口上位15に入っていたそうです。昔はそれだけ人が住んでいて、利用者が多かったということですか?



主要都市の人口順位 (1873年~1913年)
明治6年(1873年)
8位 和歌山
明治12年(1879年)
8位 和歌山
明治17年(1884年)
10位 和歌山区
明治19年(1886年)
10位 和歌山
明治22年(1889年)
13位 和歌山
明治31年(1898年)
13位 和歌山
明治41年(1908年)
15位 和歌山
大正2年(1913年)
17位 和歌山
主要都市の人口順位 (1920年~1947年)
昭和10年(1935年)
19位 和歌山
昭和15年(1940年)
19位 和歌山
水間鉄道水間線
水間線は、大阪府貝塚市の貝塚駅から水間観音駅までを結ぶ水間鉄道の鉄道路線。
幻の分岐延長計画
清児駅から分岐し泉佐野市南部の犬鳴山を経て和歌山県那賀郡粉河町(現在の紀の川市)まで延長する計画があった。1927年、当時は水間駅の少し手前から粉河まで、犬鳴電気鉄道と粉河電気鉄道によって申請されたが粉河電気鉄道は却下。
犬鳴電気鉄道は1928年1月21日に免許されたが期限内に工事施行の認可申請がされず1930年10月24日に免許が失効した。
その後、水間鉄道が1950年12月23日に水間 - 粉河間の鉄道敷設免許を取得。資金調達のため1953年に紀泉鉄道という別会社を設立し、同年に起点を清児に変更して1955年6月16日に着工したものの、紀泉熊取駅の少し手前まで工事が進んだところで、資金不足で工事は中止された。1959年3月9日に水間鉄道は紀泉鉄道を吸収合併し、維持していた免許も1967年1月18日に山越えとなる犬鳴 - 粉河間が当面開通の見込みが無いとの理由で当時の運輸省より免許返納を勧められたため起業を廃止。残る清児 - 犬鳴間も何度か第三セクター方式で再起が試みられたが、資金調達の目処がつかず、1996年にこの区間の建設も断念し、こちらも起業廃止届を申請し、同年9月11日付で認可され計画は立ち消えとなった。
2006年現在、清児駅付近の住宅地内に残っていた用地は宅地化され、清児から熊取町七山付近までに痕跡が一部残るのみで、熊取ニュータウンの中央部に都市計画道路と一緒に確保されていた用地は道路用地を除きほとんど宅地化された(熊取ニュータウン内にある、敷地への立入りを禁ずる看板には水間鉄道のほかに道路管理者の名前も見える)。
計画されていた駅清児駅 - 病院前駅 - 七山駅 - 紀泉熊取駅 - 朝代駅 - 土丸駅 - 大木駅 - 犬鳴不動駅 - 神通駅 - 紀泉池田駅 - 紀泉長田駅 - 紀泉粉河駅(出典:[鉄道ジャーナル 2015年4月号 124~131ページ草町義和「幻の鉄路をたどる(6) 水間鉄道粉河延長線(紀泉鉄道)」より。])
野上電気鉄道株式会社
野上電気鉄道株式会社は、和歌山県にかつて存在した鉄道会社である。
和歌山県海南市の日方駅から同県海草郡野上町(現在の紀美野町)の登山口駅までを結ぶ鉄道路線である野上線の運営および、その沿線地域を中心にバス事業を行っていた。野上電鉄、野鉄と呼ばれ、現在はその名をかつての関連会社であった野鉄観光や野鉄商事(野鉄観光関連会社で直接の資本関係はなし)に残す。監督官庁認可の正式名称では「野上」の読みは「のがみ」だが、沿線においては地名と同じく「のかみ」と発音する。
山東軽便鉄道
和歌山市と野上町を結ぶべく計画されたが、同時期に計画された野上軽便鉄道の計画に敗れ認可が下りず、計画を変更。沿線にある日前宮、竈山神社、伊太祁曽神社などへの参詣(いわゆる三社参り)のための鉄道として、1916年に山東軽便鉄道により開業した。
有田鉄道線
有田鉄道線は、かつて和歌山県有田郡吉備町(現在の有田川町)の藤並駅と金屋口駅とを結んでいた有田鉄道の鉄道路線。2002年(平成14年)12月31日限りで廃線となった。
紀州鉄道株式会社
東京都中央区日本橋
鉄道路線として和歌山県御坊市で紀州鉄道線を運営している。
1番の原因は、京阪電鉄が阪急京都線を奪われ、
京阪電鉄が衰退していったこと。
JR阪和線・羽衣線・和歌山電鐵貴志川線・和歌山軌道線は昔は、京阪電鉄系でした。
京阪電気鉄道
1911年10月(明治44年)には森小路(現在の千林に相当) - 香里(現在の香里園)間の沿線で電灯電力供給事業を開始。翌1912年には摂津電気を買収し淀川右岸への電力供給事業を手に入れ、1921年(大正10年)7月に和歌山水力電気を、1926年(大正15年)12月に日高川水力電気を合併し、京阪沿線だけでなく和歌山県の電力供給の約75パーセントを京阪が供給することとなった。
1922年ごろより営業エリアの滋賀県琵琶湖周辺への拡大を狙い京津電気軌道との合併交渉を開始するが、京津電気軌道の一部役員が京都電燈との合併を望み、話し合いの結果、電力供給は京都電燈へ売却、軌道部門は京阪電鉄に合併されることが決まり、1925年2月に京津電気軌道を合併。続けて湖南汽船から増資を引き受けて1926年7月に湖南汽船を子会社化した。これに対抗して大津電車軌道・湖南鉄道・太湖汽船は合併して琵琶湖鉄道汽船を設立。しかしこうした争いは「双方にマイナスになる」と、湖南汽船の社長の仲介により琵琶湖鉄道汽船との合併交渉が進められ、鉄道部門の大津電車軌道部分を京阪へ、湖南鉄道部分は別会社の八日市鉄道(のちに近江鉄道に合併)として独立、船舶部門は湖南汽船に譲渡して(新)太湖汽船(のちの琵琶湖汽船)となった。これにより琵琶湖を自社の営業エリアに収めた(京阪の社史では「湖上制覇」と表現している)。
また、並行線を他社によって敷設されることを阻止する企業防衛のための新京阪鉄道(現在の阪急京都本線)建設や奈良電気鉄道(奈良電、現在の近鉄京都線)・阪和電気鉄道(現在の西日本旅客鉄道(JR西日本)阪和線)への関与、さらには和歌山(阪和と和歌山軌道線)への進出など積極的な拡張策を展開した。しかし、投資が回収できないうちに昭和恐慌に見舞われ、債務処理のため1930年(昭和5年)5月和歌山地区の電力供給部門・軌道部門は合同電気株式会社へ譲渡され、同年9月新京阪鉄道を合併し債務の圧縮を図るなど逼塞を余儀なくされる。
この時期は節電に大規模な投資が行われた、1932年(昭和7年)12月、正雀・守口・伏見の3変電所に大容量の蓄電池を設置、深夜電力を充電して電力使用ピーク時に放電する「ピークカット用蓄電池」が設置された。この投資に当時60万円が投入されたが電力料金を年間20万円の節約でき、1934年の室戸台風では電力会社からの送電が回復前に一部区間で列車の運転をさせることができた[出典:『京阪百年のあゆみ』168頁、183頁、621頁より]。翌1933年(昭和8年)4月には日本初のコンパウンド(複巻)モーターによる回生ブレーキ付き電車50型4両が京津線に投入された[出典:『京阪百年のあゆみ』622頁]。
1941年8月発布の配電統制令により電力供給事業を関西配電(のちの関西電力)に現物出資の形で失い、太平洋戦争中には陸上交通事業調整法に基づき阪神急行電鉄と合併し、京阪神急行電鉄(のちの阪急電鉄、現在の阪急阪神ホールディングス)となる。
戦後1949年12月に京阪神急行電鉄から分離して京阪電気鉄道株式会社として再発足するが、この時、新京阪線は阪急に残ることとなり、京阪線・交野線・宇治線・京津線・石山坂本線の5路線、子会社も太湖汽船(現在の琵琶湖汽船)、京阪自動車(現在の京阪バス)での再発足となった。その後、南日本航空(現在のかんこう)、宇治田原自動車(宇治京阪タクシー・京阪宇治交通の母体)などに出資、子会社化した。
[普通電車でも止まらない駅 阪急京都線]
・阪急京都線では、各駅停車の電車でも、なぜか、中津駅には停まらない。
・これって、なぜ?
・中津駅は、阪急梅田駅と十三駅の間にあります。
・この区間は、神戸線、宝塚線、京都線が、並行して走っている。
・でもなぜか、京都線だけが、絶対に停車しない。
・その背景にある、ある電鉄会社の悲しい歴史とは…
・なんと、阪急京都線は、阪急電車が作ったものではないというのです。
・実は、もともと、京阪が作ったものだと。
・え? 京阪が阪急京都線を?
・なぜ?
・この時、京阪は、阪神急行電鉄(後の阪急)と合併することに。
・そして終戦を迎えるのですが、GHQ の方針により、京阪と阪急の合併は解消されました。
・その際に、新京阪線を阪急のものとするという議案が出た。
・表向きの理由は、新京阪線と阪急神戸線・宝塚線は十三で接続しており、ならば同じ会社が管理・運営した方が、利用者の利便性に応えることができる、というものでした。
・ただ、決定当時、役員会では、旧阪神急行電鉄出身の役員が9名、旧京阪出身の役員は4名だったともいわれます。
・役員会議の結果、新京阪線は阪急のものになりました。
阪和電気鉄道
阪和電気鉄道は、昭和初期の関西の鉄道会社。現在のJR西日本阪和線を建設した。
戦前の「日本一速い電車」である「大阪 - 和歌山45分」ノンストップの「超特急」を運行したことで、日本鉄道史上、一種の伝説的存在として記憶される。
この時の表定速度81.6km/hは、営業運転される定期列車としては1950年代以前の日本国内最高記録で、戦後に国鉄特急「こだま」号が東京 - 大阪間6時間40分運転(表定速度83.46km/h)を開始した1959年まで、実に26年間も破られない超絶的レコードとなった。
◆昔は人工が多かったンマ
旅客鉄道のみならず、貨物もたくさんあったナリよ
◆戦時中の統廃合が進みにくかった地域でもあります。
余談ですが、和歌山電鐵貴志川線は2006年3月31日まで南海電車でしたが、運賃は別立てでした。
◆それだけ開通した当時は需要があったって事。
下の荒らしの味方をする偽善回答者には要注意ね。
◆和歌山は徳川御三家の城下町です。江戸時代は大変栄えていました。
野上は沿線住民や登山者への足。
有田はみかん輸送。
紀州は海産物の輸送がありました。
◆石川県の北陸鉄道や大分県の大分交通や山形県の山形交通のような小私鉄の戦時広域統合が無かったからです。


-外壁塗装 津市
-, , , , , ,

Copyright© 外壁塗装マスター , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.