大和ハウスの建て売りに住んで12年目です。 外壁の塗り直しとかまだ

大和ハウスの建て売りに住んで12年目です。 外壁の塗り直しとかまだまだ大事ですよね?
家の点検をしたときに10年で色塗りとシーリング交換とか煽って来るんですが。



大和ハウスの新築時の外装塗料が何かを把握はしておりませんが、一般論で答えます。
基本的に新築時は「アクリルやウレタン系」の塗料で外壁を仕上げています。
塗装目安
アクリル系・・・5~7年、ウレタン系・・・7~10年
シリコン系・・・10年、フッ素系・・・15年
初めての塗装であれば基本的には10年程度が適切時期になります。
塗り替えが遅い場合、初期の塗装が剥がれ下地材が劣化してしまい、
最悪外壁の補修費が大きくなることがあります。
シーリングについて(コーキングもほぼ同じ意味です)
外壁材のつなぎ目の目地のゴムのことを指します。
このゴムはつなぎ目からの水の侵入を防ぐ役割です。
ゴムなので経年劣化により硬化し、ひび割れ等が発生しやすくなり、
雨漏りなどの原因になります。
ゴムも目安としては10年程度で打ち換えとなります。
時々、増し打ち(ひび割れたところだけ直すこと)を提案する業者が
いますが、そこだけ直してもほかもじきに割れてくるので、
全体を打ち換えたほうがいいです。
塗装と同時に打ち換えをすることが良いです。
どちらか一方だけだと、すぐにもう一方もまた補修となります。
大手ハウスメーカーはマニュアルで「10年目に塗装を打診」など決まっており、
高額な費用を出してきます。
一般の塗装屋にも金額は来てみることをお勧めします。
◆大和ハウスの注文戸建てに住んで25年です。
17年目のダイワ検査でバルコニー防水取替と目地交換し、外壁塗装は以前のがまだ大丈夫なのでしていません。
目地は表面のひび割れでなくダイワ検査で内部の水分量を測定し劣化を判断します。
◆コーキングのひび割れは、雨水等の浸透によりサイディングや壁材が傷む原因になり、建物の寿命を短くしてしまいます。 コーキングの打ち替えや外壁塗装・屋根再塗装はそろそろ必要かもしれませんね。早い時期であれば、クリアー塗装のみで済む場合もあります。複数の業者さんに相談してみると良いと思います。
◆日本語の間違いに気が付かないのか?そうゆう方言の地域なのか?
自分の住んでいる家のリフォームの仕方も、分からないと言っているのか?
お金もないし、勉強するつもりもないと?
そのまま放置して、リフォームしなければならないと思った頃には、家屋取り壊しだな。
気軽に聞いているのだから、気軽に答えた。
反感を買っているのなら、自分もココで反感を買っている事に気が付け。
◆? シーリングって蛍光灯ってこと?
もしかしてコーキングかな?
メーカーや塗装業者などが言うには10年ごとに
コーキングの交換と屋根、外壁の塗装をした方が
建材の持ちが良いってことです。
自分もやらなきゃと思いながら予算を付けられず
20年目になってしまいました。
さすがに屋根は雨漏りする前に塗装したいと思い
始めています。
最悪は手遅れで屋根の噴き直し、壁の張り替えで
すからね!
まあ使う塗料にもよって5年、10年、15年の
耐久性の違いもあるようですが。
年数をあけると業者さんは塗装とコーキング以外
の箇所も指摘して修繕させようとするんじゃない
ですか!?
あとはご質問者様の予算と決断だけだと思います。
◆点検時に問題があり、保証に影響するなら必要です。
また、長期優良住宅は点検補修が義務化されています。
ただ、特段の支障がなければ、後は施主の判断ですから、メンテで保証期間を延長しても良いし、劣化があれば時期をみてメンテナンスすれば良いです。


コメント