戸建て持ち家のご主人は、家の傷んできた所とか庭の木の剪定とか、気

戸建て持ち家のご主人は、家の傷んできた所とか庭の木の剪定とか、気にしてくれますか? 家の主人は私が家の周りの草むしりをしてる時、お風呂場の窓の木製の柵が壊れかかってると言っても見もしません。
庭木が大きく伸びて2階の屋根押し上げるようになっても、何も気にしません。
私が業者呼ぼうか?と言っても、何か捨て台詞吐いて2階の自室に消えてしまいます。
主人は定年退職者です。築33年目ですが、外壁高圧洗浄し塗装工事やリフォームも何度もしてるので、綺麗ですが…家の裏のお風呂場の柵まで気が付きませんでした。
今は主人だけ年金を頂いてるだけで、もう収入はありません。私はまだ年金頂ける年齢になっておりません。
以前なら、直ぐに知り合いの工務店に依頼してましたが、今は出費を控えたいです。
皆さんのお宅はどうしていますか?
主人は温厚な性格ですが、車検の切れた車に乗ろうとしたり、やる事は滅茶苦茶です。
自分で「物事を軽視するタイプ」と言い、白髪混じりのロンげのまま、親戚の結婚式に出席しようとしたり(息子に相談したら、せめて結わえさせて来いとの返事で)、私が強制的に床屋へ行かせましたが、まだまだ常識的な長さじゃなかったです。
娘のラインの「隣歩くお母さんに同情」とか…チクチクいじって、それでも玄関用のサンダルに、Tシャツ地のズボン(せめてジーンズを履かせたかったので、買わずにいたら、4月の暑くなるまで、冬場のモコモコで通して、こちらが根負けし購入)に下着の白のTシャツの前を開けた長袖で、病院でも犬の散歩でも平気。
なんか話がそれましたが、男性って、こんなものなのでしょうか?
(私は、主人が相当ズレてると思うのですが・・・)
車ぶつけて来ても、帰宅した後で、そこを見ることもしません。



定年になられて、目標、生きる目的、やる気を失われているのでしょう。
年金暮らしになると収入も限られるし、その中でやりくりしながら
日々過ごすのは、矢張り色んな意味で、ネガティブになりがちです。
今までの暮らしぶりをリセットして第二の人生を生きる覚悟が要ります
それにはお二人で話し合いを持って特に差し迫った課題から個々人が
出来る事を一つ一つかたずけて行く様に心掛ければそれが励みになります
お二人で話す事に拘りがあるなら、お子様も入れてそれと無く
家の事、暮らしぶりに付いて、如何したいのか?考えを聞かれたら
どうでしょうか?
◆何度も話合いの必要性をず~と言って来ました。今やっと大切な話があると言うとTVを消すようになりましたが、それまでは、次の番組(別にずっと見たかったとかでなく、どうでも良いような番組)が始まる10分のコマーシャルタイムに聞くよ!とか言う状態でした。
今は子供たちも社会人ですが、まだ学生の時、子供に注意する時にTVが付いていたので、私が消すと「見てるから、消さないで!」という信じられない人でした。
お金は何処からか、降って湧いて来るみたいな感じの人です。
だいたい、もう亡くなりましたが義両親の会話してるところを見たことがありません。年末~年始に帰省するとただ見なくだらない番組を見ながら、それぞれ食べて呑んでる家でした。
◆燃え尽きただけ
今は燃えかすの状態
昼オケとか人と関わり合う趣味が出来たらいいのにねー!
◆ID非公開はアホが多い。
大分いかれてますね!
あなたもそう言う人と
長年連れ添ってきたのですから
同罪です。
なんの同情の余地もありません。
そう言う生活が我慢出来るという事は
ある意味お二人とも幸せ者ですね。
今後も末永くどうぞ...


コメント