ハウスメーカーで家を建てて、ハウスメーカーと揉めました。 そこで、

ハウスメーカーで家を建てて、ハウスメーカーと揉めました。
そこで、知り合いの塗装屋さんに今後のメンテナンスをお願いしようと思い、相談しました。 すると、ハウスメーカーは独自の部材や塗料を使うので対応できないことが多いといわれました。
そしてその部品は他社には販売しないそうです。
すると、結局ハウスメーカーに頼らざるを得ないのでしょうか?



塗るのは外壁か屋根かはこの質問ではわかりませんが、
ALCや鋼板、などに塗れる塗装は手に入ります。
ただ木目やタイル調の外壁などの場合、
塗り替えが早い場合はクリアー塗装が出来る場合もありますが
下地が傷んでいる場合どうしても塗りつぶさないとダメな場合もあります。
ハウスメーカーの悪い所は
オリジナル意匠の板金の幕板や鼻隠しが錆びてダメになった時
それを注文しようとメンテの窓口に相談すると
「製造終了でありません」と平気で言う事。
でかい会社なんだから同時期の建物を解体した時、
建物から使えそうな部材は外して保管するとかそれぐらいしておきなさいよ。
と言いたい。
出来ないのであれば最初から補償・点検などでお客から高いお金を
ふんだくるのは止めろ。
本当に困った時、チカラになれないのなら、どこの会社が
リフオームしても同じ。というか、弱小工務店のウチが
オリジナル幕板と同じ意匠になるように板金屋に折らせて
納めてきたよ。
◆ます、そのハウスメーカーの部材の対応年数を確認してみてください。
(現在メンテナンスの時期が来ていないならば)
その期間はしっかりご自分でもチェックしてください。写真を残すことをおすすめいたします。
対応年数を著しく下回るときは、修理させればいいのじゃないでしょうか。
短気は損気ですよ。
◆ハウスメーカーに頼る?
それは最悪の方法ですよ。
メンテナンスしたい部分のプロに頼みます。
外壁のメンテナンスは塗装屋など。
水回りで部材のメーカーがわからない場合は水道設備屋など。
屋根は屋根屋、そんな感じです。
「ハウスメーカーで家を建てた。」
この考え方が間違ってます。
あなたは家という工業製品を買ったに過ぎません。
建てたのは下請けの大工や工務店です。
ハウスメーカーは住宅関係のプロではありません。
丸投げと販売以外は何もできない集団です。
日本人は住宅に関する教育を受けることができません、
知識が無いため、簡単に騙されます。
偉そうなこと言ってる私は昔、ハウスメーカーのセールスに
3000万だまし取られました(笑)
お金が余ってて考えるのが嫌いであるならば
大手ハウスメーカーのセールスマンは非常に便利。
◆大手住宅メーカーは特許工法の工業化製品です。
修理する部品も他の業者では出来ない、特許部品、意匠登録された色を使っています。
通常雨樋一本1000円もあれば脚立修理出来る所を、コンプライアンスに則る修理で10万円請求されたり、玄関ドアも防火地域で、50万円で交換出来る性能のものが、他では売られて居らず100万円になったりと、修理は独占、価格も独占価格になるのです。
◆人間の弱い部分につけ込んで多額の利益をむさぼるのが
ハウスメーカー
あなたはそれに対してどうするつもりですか?
一生食い物にされ続けますか?
ハウスメーカーが塗料は作りません。
カンペとか日本塗料とか塗料のメーカーが作ってそれにハウスメーカー分として
包装するだけ
中身は同じ
クリナップのシステムバスを取りつけて
ボイラーが故障したと言うとTOTOが修理に来て
シャワーが壊れたと言えばイナックスが取り換えに来て
いったいクリナップと言うのはどの部分がクリナップなのか?
ラッスンゴリライ・・・意味わからん
◆そのとおりです。
はうすめーかにぼったくられてください。
ハウスメーカーはそんなもの。
知らなかった貴方の落ち度です。


コメント