屋根の塗装でお聞きしたいのですが、トタン屋根の塗装で費用を浮かせ

屋根の塗装でお聞きしたいのですが、トタン屋根の塗装で費用を浮かせたいので油性シーラーを塗装後に油性アクリル塗料を一回塗りで使用し、 乾燥後その上に油性シリコン塗料を塗った場合アクリル塗料単独よりは長持ちしますか。



まず、素人さんの回答があったので訂正しておきますが、サンディングシーラーは使いません。当然シーラーも使いません。トタン屋根の場合は、防錆プライマー(錆止め塗料)を下塗りとして使います。
違う種類の樹脂で重ね塗りしたいということですが、安易に重ねると数年で層間剥離を起こし、直すのには数倍の費用がかかったり、直せないと言った事態になりかねません。止めましょう。
それと、トタン屋根だと、20年以上前に建てられたものだと思いますが、間違いないですか?20年以内に建てられた物だとトタンではなくガルバリウム製の可能性が高いです。ガルバリウムは合金ですのでDIYどころか、プロでも下手な人は失敗していますので、適した工法を知らないと出来ません。
なお築35年を越えているとトタン屋根としてはそろそろ寿命です。
◆油性シーラーの詳細は不明ですが、まず金属屋根用プライマーと専用上塗り材の組合せで無ければ、剥離の原因となります。一般的には金属屋根は亜鉛メッキ処理鋼鈑なので、エポキシ樹脂系錆止を下塗りして、中塗上塗は同系樹脂塗料以外は上塗り材料の特性から密着不良で剥離の可能性が高いです。ただし、上塗り材料がフッ素系による塗装の場合は中塗はウレタン樹脂、同メーカー品を使用して下さい。施工後の賠償責任保険の適用が受けられません。
屋根は太陽光赤外線や酸性雨に強くさらされるので、劣化も早いものです。
◆あまり厚塗りになるのはおすすめできません。
刷毛塗そして
屋根が横葺きの場合は特にです。
厚塗りするとどうしても雨水がそこで滞留
錆をよんでしまいます。
◆知人がDIYで建物や屋根の塗装を人から頼まれて材料費だけでやってます。
トタン屋根の塗装は遮熱のため断熱塗装すると室温が10%下がって喜ばれたと言ってました。
◆アクリルの上に塗れば長持ちしますね。
木材の場合、アクリル樹脂のサンディングシーラーの上にウレタン樹脂を塗っていますが、アクリル単体のように黄変したりしないです。
◆油性シリコン塗料にはそれ専用の下塗り剤が各メーカーから出ていると思います。
アクリルの上にシリコンというのは良くないと思います。下塗りの付着力が強い分には、上に何を塗っても良いですが、その逆はお勧めしません。
メーカーが推奨する下塗り剤を塗られた方が良いと思います。


コメント