周りに家建てる人がいますが、やはり住宅ローンはあこがれなんですか

周りに家建てる人がいますが、やはり住宅ローンはあこがれなんですか?
昔、母が住宅ローン返済に苦しんでいました。当時は退職金で繰り上げて完済しましたが、お金がない今は家のメンテナンス もできず家はボロボロ。トイレの壁は100きんの壁紙貼ってます。
長期のローン組むと奥さん中々仕事辞めれなくなるし、なぜそこまでしてマイホームがほしいのでしょうか?
批判はなしで、おねがいします。
純粋に23日パート出勤して「ローンのために」と働きまくってるママ友を見た疑問です。



『夢のマイホーム』を実現したい気持ちは、大勢の方が持っているからでは?
確かに、高額な長期ローンを返済する事を代償にしてマイホームを実現する方が大半だと思います。
現金を貯蓄して、現金でマイホームを建てる方は一握りの方とか居ないと思われます。
ただ、長期マイホームローンで苦しむ方は、少し背伸びした買い物をしているからではないでしょうか?
マイホームの見学会・内覧会を回っていると『欲』が出てしまいます。
あれもこれもと装備が充実していると、購入金額も上がっていきます。
『買うなら、妥協しないでこれも・あれも付けたい』となるのが人間の欲です。
ローン審査を受けた時の経済状況が、そのまま20~30年間続くと仮定して購入してしまうと苦労するのが現実です。
そんな将来まで誰も分かる訳ないですしね・・・
相談者さんのママ友さんは、その背伸びした買い物のに苦労しているかと思います。
賃貸住宅で何の苦労もない生活をしていると、
『なんか、家賃がもったいない』と思えてくる人が多いと言われています。
その『もったいない』は、価値観の違いでしょうね。
家賃払うなら、マイホーム購入資金の返済をすれば買える。と考えます。
しかし、賃貸住宅とマイホームの違いは修繕費が発生します。
この修繕費を考えない方が、破産寸前までに追いやられていきます。
どんな建物でも、一生涯健全に暮らせれる耐力はないです。
一軒家だと、最低でも10年毎に外壁の撥水塗装とか屋根補修とか必然的に実施しなくてはならないです。
それを実施しないと、家自体の経年劣化が加速していきボロボロになっていきます。
1回の実施費で、軽く100万は飛びます。
10年目以降だと、内装・屋内配管とかの不具合も発生してくるので更に費用が・・・
メンテナンス費だけでも、凄い高額になっていきます。
賃貸住宅だと、一切ない費用です。
マイホーム購入前に、色々と模索してシミュレーションしてローンを組むと
苦労も半減します。
購入金額が低ければ、自然と貯蓄が出来て備えになります。
その家の資産価値も頭に入れながら購入して、15年後に売りに出したら
残債が償却できそうな物件を探したりすると、気も楽です。
まぁ、販売元の営業担当者の口車に乗ったら終わりますね。
売りたいだけのトークなので、売った後は『知らない』となるので
自分で調べたりして購入する方は、そんなに苦労はしていないです。
夫婦で働けるうちに働いて、貯蓄を増やしたい方もいるので
さっさと働いて、35年ローンを25年で完済目標を立ててる家族も大勢みえますよ。
お金は働けば貯まる社会なので、ママ友さんも頑張っているのでは?
◆?家を建てるのに憧れを持っている人はいますが住宅ローンに憧れを持っている人はいないですよ。
憧れのマイホームを建てるために住宅ローンを組んでその返済の為に働いているだけで、住宅ローンを組みたくて家を建てる人はいません。
その苦労をしてでもマイホームが欲しかったから建てたのでしょう。欲しいものは人それぞれ違うのと一緒で理由だって様々ですからあまり深く考える必要はないかと。別にいらないと思うならそれでいいんですから。


コメント