現在、ホームテック株式会社―本社が福岡にある―という会社に屋根の

現在、ホームテック株式会社―本社が福岡にある―という会社に屋根の塗装を依頼することになっています。 (口約束で、まだ契約はしていませんが)
私は塗装に適した日を占い師に診てもらい、日程が決まったらばこちらからお知らせすることにしてあるのですが、日程が決まったか何度も電話で確かめてきます。あまりにしつこいので、これからは出ないことにしましたが、どのリフォーム会社も、かくもしつこく日程について催促するものなのでしょうか。
また、ホームテックは一度倒産していて、あまり良い評判はないようですが、現在はどうなのでしょうか。
口約束した時はそのようなことはもとより、会社名自体知りませんでした。この会社に依頼することになったのは、私の家の隣りにあるレオパレスの塗装をこの会社がしていたようで、その際に、私の家の屋根が傷んでいるのを見て知らせてきて、当社の塗料は他の塗料とは違うと言われたためです。
加えて質問で恐縮ですが、その塗料は日本ペイントと共同開発した塗料で、当社にしか無い、長く保つ塗料だと言っていましたが、そのようなものはあるのでしょうか。ちなみに外壁のほうの塗料の説明文を見ると、8年前に塗装してもらった会社の外壁塗料の説明と同じ内容で驚きました。



その会社については詳しく知りませんが、おそらく営業マンの給与で歩合の割合が高いやり方をしているのでしょう。そういう会社はどうしてもしつこくなります。
また、歩合制の営業マンが受け取る金額は総じて高額な傾向にあります。どういうことかというと、代金の何割かが営業マンの取り分となります。
今回の質問で最も問題なのが、「その塗料は日本ペイントと共同開発した塗料で、当社にしか無い、長く保つ塗料」という部分。これはオリジナル塗料商法というもので、市販されている塗料に、よくて防カビ剤などのありふれた添加剤などを入れただけ、通常は名前をかえてオリジナルのラベルを貼っただけの塗料を、自社オリジナルとして市価よりも高額で売る商法です。塗料は、OEMのもので、特別でも何でもありません。どこの塗料メーカーでもOEMとしての出荷はしていますけど、同内容のものを売っています。全くのクローズ商品とすることはなく(開発費などの関係で出来ません。逆に、塗装業でその開発費を出せるような会社はありません。桁が違います。)
この商法の問題点は、いかにも良い塗料のような話しをして市価の倍、3倍で売っているということです。違法ではないですが、倫理的には完全アウトです。
同様の塗料で安いものがありますので、別の会社を探す事をおススメします。
◆回答ありがとうございます。
共同開発と謳っていても、やはりほとんどは単なるOEM製品だったのですね!参考にさせていただきます。
◆日本ペイントと共同開発したなら、日本ペイントも同等の塗料を販売してるよ
それに共同開発って、リフォーム業者に塗料開発のノウハウはないやろ
そういうのは大抵、元々存在する日本ペイントの商品に微細な変更をしただけ、もしくはラベルだけかえて中身は一緒ってパターンです
日程をしつこく確認するのは、あなたの気持ちが変わる前に工事をしてしまいたいだけです


コメント