家の南側の日当たりが良いところのシーリングは外壁改修工事でコーキ

家の南側の日当たりが良いところのシーリングは外壁改修工事でコーキングを打ち変えたとして、おおよそ何年でだめになりますか?
また日蔭のコーキングとはどれくらい持ちが違いますか。



シーリング切れに関しては、どの施工業者も保証期間は、2年間です。つまり、2年以上経過すれば、修理は有償になります。
雨漏りの保証が10年間なのに、なぜシーリング切れの保証は、わずか2年間なのか?
理由は、①シーリングは切れやすいので、10年間も保証できない。②例え、シーリングが切れたとしても、雨漏りはしにくい。 などが挙げられます。
◆自分が住んでいる家なら、シーリングがダメだと気が付いたのは何年目?
で、築何年でリフォームした?
それが目安になると思うが。
?これ業者からの質問?ツリか?ウワッ?吊られた?
業者からだったら、シーリングの持ちは、下地の施工業者の正しい知識、施工があってこそ、より耐久性の高いシーリングを使えば、それ相当の代償がある。
今流行りの早い、安い施工では、幾ら耐久性の高いシーリング材を使っても、猫に小判で早い段階で不良、故障が起きる。それをリフォームで直そうとしても、手間が掛かり過ぎて費用が高いと敬遠される。
結局安く建てた家は安くリフォームしようとして、スキルのない業者を選ぶから、コーキングが何年持つかなんて一概に言えるはずもない。


コメント