人口が少ないわりに叩かれやすいのは どこの県民ですか。 ノミネート

人口が少ないわりに叩かれやすいのは
どこの県民ですか。
ノミネート
山形 茨城 栃木 群馬 富山 石川 福井
和歌山 岡山 鳥取 島根 香川 佐賀 沖縄



五大都市
五大都市(ごだいとし)は、1943年(昭和18年)から1956年(昭和31年)までの日本において、横浜市・名古屋市・京都市・大阪市・神戸市の5市を指す場合に用いられた総称。六大都市から東京市を除いた5市にあたり、後の「政令指定都市」制度のもとになった。
○江戸時代に人口を基準にした五大都市は、江戸、大坂、京、金沢、名古屋だった。
政令指定都市
指定都市 都道府県 指定日
横浜市 神奈川県 1956年9月1日
名古屋市 愛知県 1956年9月1日
京都市 京都府 1956年9月1日
大阪市 大阪府 1956年9月1日
神戸市 兵庫県 1956年9月1日
北九州市※ 福岡県 1963年4月1日
札幌市 北海道 1972年4月1日
川崎市※ 神奈川県 1972年4月1日
福岡市 福岡県 1972年4月1日
広島市 広島県 1980年4月1日
仙台市 宮城県 1989年4月1日
千葉市 千葉県 1992年4月1日
さいたま市 埼玉県 2003年4月1日
静岡市 静岡県 2005年4月1日
堺市※ 大阪府 2006年4月1日
新潟市 新潟県 2007年4月1日
浜松市※ 静岡県 2007年4月1日
○岡山市 岡山県 2009年4月1日
明治22年(1889年) 18位
明治31年(1898年) 18位
明治41年(1908年) 14位
大正2年(1913年) 14位
大正9年(1920年) 18位
大正14年(1925年) 18位
昭和5年(1930年) 18位
昭和50年(1975年) 17位
昭和55年(1980年) 15位
昭和60年(1985年) 15位
平成2年(1990年) 15位
平成7年(1995年) 16位
平成12年(2000年) 16位
相模原市※ 神奈川県 2010年4月1日
○熊本市 熊本県 2012年4月1日
明治6年(1873年) 14位
明治12年(1879年) 15位 熊本区
明治17年(1884年) 17位 熊本区
明治19年(1886年) 15位 熊本区
明治22年(1889年) 17位
明治41年(1908年) 20位
大正14年(1925年) 11位
昭和5年(1930年) 15位
昭和10年(1935年) 16位
昭和15年(1940年) 20位
昭和19年(1944年) 20位
昭和20年(1945年) 13位
昭和21年(1946年) 13位
昭和22年(1947年) 12位
昭和23年(1948年) 12位
昭和25年(1950年) 13位
昭和30年(1955年) 13位
昭和35年(1960年) 13位
昭和40年(1965年) 15位
昭和45年(1970年) 17位
昭和50年(1975年) 18位
昭和55年(1980年) 16位
昭和60年(1985年) 16位
平成2年(1990年) 16位
平成7年(1995年) 15位
平成12年(2000年) 15位
平成17年(2005年) 20位
平成22年(2010年) 18位
平成27年(2015年) 18位
※は道府県庁所在地でない指定都市。
中核市
地方 都道府県(振興局) 中核市 指定日 特記事項
○関東地方 栃木県 宇都宮市 1996年(平成8年)4月1日 県庁所在地
○中部地方 石川県 金沢市 1996年(平成8年)4月1日 県庁所在地
明治6年(1873年) 5位
明治12年(1879年) 5位 金沢区
明治17年(1884年) 5位 金沢区
明治19年(1886年) 5位 金沢区
明治22年(1889年) 7位
明治31年(1898年) 9位
明治41年(1908年) 8位
大正2年(1913年) 8位
大正9年(1920年) 11位
大正14年(1925年) 10位
昭和5年(1930年) 16位
昭和20年(1945年) 11位
昭和21年(1946年) 12位
昭和22年(1947年) 14位
昭和23年(1948年) 15位
昭和25年(1950年) 14位
昭和30年(1955年) 18位
中部地方 岐阜県 岐阜市 1996年(平成8年)4月1日 県庁所在地
近畿地方 兵庫県 姫路市 1996年(平成8年)4月1日
九州地方 鹿児島県 鹿児島市 1996年(平成8年)4月1日 県庁所在地
○東北地方 秋田県 秋田市 1997年(平成9年)4月1日 県庁所在地
東北地方 福島県 郡山市 1997年(平成9年)4月1日
○近畿地方 和歌山県 和歌山市 1997年(平成9年)4月1日 県庁所在地
明治6年(1873年) 8位
明治12年(1879年) 8位 和歌山区
明治17年(1884年) 10位 和歌山区
明治19年(1886年) 11位 和歌山区
明治22年(1889年) 13位
明治31年(1898年) 13位
明治41年(1908年) 15位
大正2年(1913年) 17位
昭和10年(1935年) 19位
昭和15年(1940年) 19位
九州地方 長崎県 長崎市 1997年(平成9年)4月1日 県庁所在地
九州地方 大分県 大分市 1997年(平成9年)4月1日 県庁所在地
中部地方 愛知県 豊田市 1998年(平成10年)4月1日
中国地方 広島県 福山市 1998年(平成10年)4月1日
○四国地方 高知県 高知市 1998年(平成10年)4月1日 県庁所在地
九州地方 宮崎県 宮崎市 1998年(平成10年)4月1日 県庁所在地
東北地方 福島県 いわき市 1999年(平成11年)4月1日
中部地方 長野県 長野市 1999年(平成11年)4月1日 県庁所在地
中部地方 愛知県 豊橋市 1999年(平成11年)4月1日
○四国地方 香川県 高松市 1999年(平成11年)4月1日 県庁所在地
北海道地方 上川総合振興局 旭川市 2000年(平成12年)4月1日 総合振興局所在地
○四国地方 愛媛県 松山市 2000年(平成12年)4月1日 県庁所在地
関東地方 神奈川県 横須賀市 2001年(平成13年)4月1日
近畿地方 奈良県 奈良市 2002年(平成14年)4月1日 県庁所在地
○中国地方 岡山県 倉敷市 2002年(平成14年)4月1日
関東地方 埼玉県 川越市 2003年(平成15年)4月1日
関東地方 千葉県 船橋市 2003年(平成15年)4月1日 中核市で最も人口が多い[2]。
中部地方 愛知県 岡崎市 2003年(平成15年)4月1日
近畿地方 大阪府 高槻市 2003年(平成15年)4月1日
北海道地方 渡島総合振興局 函館市 2005年(平成17年)10月1日 総合振興局所在地。2005年9月30日まで特例市。
中国地方 山口県 下関市 2005年(平成17年)10月1日 2005年9月30日まで特例市。
○中部地方 富山県 富山市 2005年(平成17年)4月1日 県庁所在地。新設合併前の旧富山市は1996年(平成8年)4月1日に指定。
明治6年(1873年) 13位
明治12年(1879年) 13位
明治17年(1884年) 12位
明治19年(1886年) 12位
明治22年(1889年) 11位
明治31年(1898年) 17位
近畿地方 大阪府 東大阪市 2005年(平成17年)4月1日
○東北地方 青森県 青森市 2006年(平成18年)10月1日 県庁所在地
東北地方 岩手県 盛岡市 2008年(平成20年)4月1日 県庁所在地。2008年3月31日まで特例市。
関東地方 千葉県 柏市 2008年(平成20年)4月1日
近畿地方 兵庫県 西宮市 2008年(平成20年)4月1日
九州地方 福岡県 久留米市 2008年(平成20年)4月1日 2008年3月31日まで特例市。
○関東地方 群馬県 前橋市 2009年(平成21年)4月1日 県庁所在地。2009年3月31日まで特例市。
近畿地方 滋賀県 大津市 2009年(平成21年)4月1日 県庁所在地。2009年3月31日まで特例市。
近畿地方 兵庫県 尼崎市 2009年(平成21年)4月1日 2009年3月31日まで特例市。
○関東地方 群馬県 高崎市 2011年(平成23年)4月1日 2011年3月31日まで特例市。
近畿地方 大阪府 豊中市 2012年(平成24年)4月1日 2012年3月31日まで特例市。
○ 九州地方 沖縄県 那覇市 2013年(平成25年)4月1日 県庁所在地
近畿地方 大阪府 枚方市 2014年(平成26年)4月1日 2014年3月31日まで特例市。[3][4]
関東地方 埼玉県 越谷市 2015年(平成27年)4月1日 2015年3月31日まで特例市。
関東地方 東京都 八王子市 2015年(平成27年)4月1日
中国地方 広島県 呉市 2016年(平成28年)4月1日 2016年3月31日まで施行時特例市。
九州地方 長崎県 Flag of Sasebo, Nagasaki.svg 佐世保市 2016年(平成28年)4月1日 2016年3月31日まで施行時特例市。
○ 東北地方 青森県 八戸市 2017年(平成29年)1月1日 2016年12月31日まで施行時特例市。
東北地方 福島県 福島市 2018年(平成30年)4月1日 県庁所在地
関東地方 埼玉県 川口市 2018年(平成30年)4月1日 2018年3月31日まで施行時特例市。
近畿地方 大阪府 八尾市 2018年(平成30年)4月1日 2018年3月31日まで施行時特例市。
近畿地方 兵庫県 明石市 2018年(平成30年)4月1日 2018年3月31日まで施行時特例市。
○ 中国地方 鳥取県 鳥取市 2018年(平成30年)4月1日 中核市で最も人口が少ない[2]。県庁所在地。2018年3月31日まで施行時特例市。
○ 中国地方 島根県 松江市 2018年(平成30年)4月1日 県庁所在地。2018年3月31日まで施行時特例市。
2.^ a b 2017年(平成29年)10月1日現在の推計人口。日本の市の人口順位も参照のこと。
3.^ 新藤総務大臣閣議後記者会見の概要(プレスリリース)、総務省(2013年11月26日)、2013年11月26日閲覧。
4.^ 大阪府枚方市を中核市指定=佐賀は特例市-政府、時事通信(2013年11月26日)、2013年11月26日閲覧。
◆現在の特例市
地方 都道府県 自治体名 特例市の指定日 特記事項
関東地方 神奈川県 小田原市 2000年(平成12年)11月1日 2019年4月の中核市移行を目指している。
関東地方 神奈川県 大和市 2000年(平成12年)11月1日
○ 中部地方 福井県 福井市 2000年(平成12年)11月1日 県庁所在地。2019年4月の中核市移行を目指している。
中部地方 山梨県 甲府市 2000年(平成12年)11月1日 県庁所在地。施行時特例市の中で最も推計人口が少ない。2019年4月の中核市移行を目指している。
中部地方 長野県 松本市 2000年(平成12年)11月1日 2020年4月の中核市移行を目指している。
中部地方 静岡県 沼津市 2000年(平成12年)11月1日
中部地方 三重県 四日市市 2000年(平成12年)11月1日
○ 東北地方 山形県 山形市 2001年(平成13年)4月1日 県庁所在地、2019年4月1日の中核市移行を目指している。
◆北関東三県はいい例。
同じ関東で恥知らずという点では一緒。
極力近づかないことを是が非でもオススメする。
◆どこの県も同じじゃないかな。
◆ほかと差があるのでここは・・・