なぜ世田谷には千歳〜とつく地名が多いのでしょうか? 千歳船橋、千歳

なぜ世田谷には千歳〜とつく地名が多いのでしょうか? 千歳船橋、千歳烏山など
それと世田谷近辺にある地名と栃木にある地名が同じなものが多いです。その理由も知りたいです。
烏山、八幡山など



現在の世田谷区北西部は、1936年(昭和11)に東京市に編入されるまで、「東京府北多摩郡千歳村」だったから。東京市編入と同時に「東京市世田谷区」の一部となる。
1889年(明治22)に近代的な地方自治制度の一歩として「町村制」というのが施行され、そのときに江戸時代以来の自然発生的な郷村(藩政村)をいくつか合併させて新しい町・村に仕立て直し、かつての藩政村は新町村の中の「大字」にした。
千歳村も、江戸時代以来の烏山村・船橋村・上祖師ヶ谷村など8つの村が合併して成立している。
「千歳」というのは、合併自治体名によくある「八千代」「瑞穂」「栄」などと同じく、その土地の歴史と関係なく単に縁起の良い言葉を新自治体名にした「瑞祥地名」と呼ばれるもので、大した由緒はない。
旧千歳村の範囲はかなり広く、現在の町名ではおおむね祖師谷・千歳台・船橋・粕谷・上祖師谷・北烏山・給田・八幡山・南烏山の町域が該当(旧村域と現住所の範囲は完全には一致しない)する。
「千歳船橋」駅も「千歳烏山」駅も、北多摩郡千歳村時代に開業した駅。「船橋」「烏山」とも同名の国鉄駅が同じ関東地方にあったため、それとの区別のため村名を冠したもの。
世田谷の地名が栃木県の地名と一致している?
まあ、一致例が10例以上もあるなら何か関係があると疑ってもいいけど、2例ぐらいではね。「船橋」「大原」は千葉県にもあるし、「野毛」「深沢」は神奈川県にもある。そういうことを言い出したらキリがない。それぐらいでは偶然の一致とすら言えないと思う。
まず「烏山」だが、これはそんなにあちこちにある地名ではないけれど、Wikipediaにも全国5つの「烏山」地名が紹介されている。
栃木の烏山には、神武天皇を大和に導いた熊野の八咫烏(やたのからす)に由来するという伝説があるが、これは地名が先にあって、地名の由来に関する物語を後から創作したものと考えるのが妥当。
他説では栃木にも世田谷にも共通して「黒い土の山」説(クロ+『灰』の意味のアスで『クロス』→カラス、または黒色の土をカラスに見立てた)や、「河原の中州」説(カハラ+ス→『カラス』が盛り上がったところ)が有力視されているようだ。
でも両方とも素直に「カラスがねぐらとした山」があったと解釈するのが一番妥当だろう。港区の新橋駅付近の元の町名は「烏森」で、今も「烏森口」という駅の出口名にその名を残す。今では想像がつかないが、カラスのねぐらとなる森があったのだろう。名古屋にも烏森(かすもり)の地名があり、近鉄の烏森駅もある。
「カラスが棲む山」だから烏山、森だったら烏森、と考えればそんな地名はどこにあってもおかしくはない。
栃木から世田谷に人が移住した(またはその逆)という話もまったくないようだから、要は無関係と考えてよいのでは。
「八幡山」なんてのは、八幡神社は至る所に祀られていて、それに由来する「八幡」(ハチマン・ヤハタ・ヤワタ)という地名も至る所にあるのだから、珍しがるようなことでもなんでもない。世田谷区の八幡山の由来は八幡山一丁目の八幡社だ。
稲荷・春日・諏訪・白山・住吉・天満(天神)・日吉(日枝)・愛宕・熊野…といった神々の分社が全国にあり、これらの社名に由来する地名も全国あちこちにあるのと同じことだ。
◆千歳は千歳村というのがそこにあったから。
地名が同じに関してはわからない。