スノーヴァー溝の口の事でお聞きします。 先日、カムイ御坂の室内ゲレ

スノーヴァー溝の口の事でお聞きします。
先日、カムイ御坂の室内ゲレンデで初パイプをしてきました。 楽しかったので、これから続けようかと思いますが、、
チョット山梨までは遠いので近場にあるスノーヴァ―溝の口で練習しようかと思いますが、溝の口はカチンコチンのアイスバーンだと聞きました。
そのようなバーンで初心者が行ったら練習どころかケガしますかね?
YouTubeを見ると、、見るからにカチンコチンのバーンなので行くかどぉ~か思案中です、、
ただ、動画が古いのしかなくて新しい情報を知りたいです。
最近行かれた方?最近の情報を教えてください。
IDはアドレスにも使用しているので、すみませんが匿名です、、



こんにちは。
御坂とスノーヴァ…違いは大きいです。
一番の違いは…スピードの違い。
二番目の違いは、壁の高さに対する慣れが変わります。
もう調べてるかもしれませんが、スノーヴァの方が幅も狭く、壁も低いです。で、カチカチです。
さらに、スノーヴァの人工雪って、スピード出にくいです。斜度はともかく狭いのでそんなにスピード乗せられません。
当然、高さもスピードなりになりますが、壁が低いのでそのスピードでも何とかなる…
スノーヴァはこんな感じです。
対して御坂。
幅は広く、高さも十分。レギュラーパイプとしては立派です。雪もアイスクラッシュとはいえ通常の雪に近いです。
その日のコンディション次第ですが、高い人は天井近くまで飛びますし(笑)
なので、軽く壁を登って流すにしても御坂の方が楽で楽しい、かつ練習にもなるし、ちゃんとエアターンで気持ちよく飛びたい、冬に向けての練習にしたいと思うなら、御坂でないとあまり練習にならないと思います。
…なので多分、というか間違いなく、パイプ初心者との事ですがそれでも、御坂で味わった楽しさを味わうのは難しいかなと思います。
私も一時期、スノーヴァのパイプ(今は無いですが都内、板橋区にありました)に通った事もありますが、御坂行ってる友達には『そこで練習しても上手くなれないよ!』と散々言われたもんです(笑)
壁への合わせ方、踏み切りのタイミングが通常の山のパイプと全然違うんです。御坂はその点、山のパイプにかなり近いです。あとは各所の個性による違いはありますが…御坂で慣れてればどこに行っても何とかなります(スーパーパイプ除く)。
随分昔の話ですが…その後御坂に行くようになってから、その意味を痛感しました。
今でもスノーヴァの方が近いですが全く行きません。ちょっと遠くても御坂まで行きます。
それでも気になるようなら、一度スノーヴァも行ってみると良いです。あれはあれで、良い経験になりますから。
多分、その次からは御坂にしようと思うでしょう。
私、キャリアの割にパイプ下手ですけどね(笑)
もう悲しくなるくらい(笑)
でも楽しいからつい、月2回程度ですが行っちゃいます。
夏場そんな感じで滑るだけで、冬のシーズンスタートでは全然違います。初日からある程度身体動きます。
夏の御坂、楽しんでくださいね。
ご参考までに。
◆ありがとうございます。
参考にさせて頂きます!
◆話のネタに溝か新横に行ってみると良いかも。
スノーバ、アイスバーンって言う人多いけど、ありゃ灰色の板の上滑ってる感じ。
キッカーのアプローチとか黒いし。
◆初心者だからこそパイプドラゴンで綺麗に作ってある御坂で練習するべきです。
溝の口はパイプではなくただの氷の壁です。
あれで練習するくらいなら壁が崩れてネズミ返しになった御坂2ndの方が全然マシです。
御坂でエアターンできるくらいまでには練習した自分ですが、溝の口では怖くてなんも出来ませんでした。もともとキッカーの練習に行ったのでよかったのですが・・・
多分スノーヴァの動画を見てもピンと来ないかと、キッカー・ジブの練習に逃げられるなら一度行って見るといいと思います。
多分二度とスノーヴァのパイプはやる気にならないと思いますが・・・