85年住んだ賃貸マンションを引越す予定です。敷金の返金を希望するつ

8.5年住んだ賃貸マンションを引越す予定です。敷金の返金を希望するつもりはありませんが(もちろん返ってくるのであれば別です)、生活していればキズや汚れがつくのは当然ですし(蹴破ったような跡はありません、あくまで常識の範囲内でできた汚れやキズの事です。)、誰も生活していない部屋でも8年も経てば経年劣化で、クロスやフローリングの張替えは当然なので、預けた敷金以上の金額を請求される事はないと聞きました。法廷でもそういう判例がでたことがあると聞きました。詳しい方、不動産関係の方、どうでしょうか?



設計屋です
おっしゃるとおり、借家人が修理負担をしなければならないのは
借家人の過失に依る損傷部分だけです。
たとえば壁や柱ドアに物をぶっつけて損傷したり
タバコの焼けこげであるとかが該当します。(民法606条)
敷金返還請求裁判は東京地裁(平成6年7月1日判決)
仙台地裁(平成7年3月27日判決)で行われています。
問題は契約書に「一切の修繕は借家人が行う」等の
特約がある場合です。
家主の修繕義務を免除した(昭和43年1月25日最高裁判所判決)もありますが
これも借家人に修繕義務を負わせたわけではありません。
小さな修理(壁の張り替えでなく掃除)くらいはしても
大きな修繕(雨漏り、柱、土台の修繕、壁床の張り替え)はやはり家主の負担です。
◆おっしゃるとおりです。
ごく普通にお暮らしだったなら請求されることはまず無いです。
◆おっしゃるとおりかと思います。
しかし現実には、
退去時リフォームでたくさん儲けようとする
管理会社も多いのが実態です。
良心的対応をしてくれる管理会社だといいですね。
◆私どもの会社では、冷蔵庫の後ろやテレビの後ろのクロスの電気焼け等も自然損耗の範囲に含まれます。
他の壁のクロスに関しては入居の年数に対して何%負担とか
と言う形で、負担して頂く場合があります。
但し、契約書の特約事項等に記載がされてあれば畳・襖など
消耗されるものでも敷金の精算の対象になります。
敷金の精算をされる時に、ご自身が納得行かなければ
各県にある消費生活センターや、不動産協会等に相談されれば
良いでしょう。
◆まったくそのとおりです・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆その通りです。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。