【7選】怪奇小説を書いてみました。 どうでしょうか? 講評を下さい。 「今宵…

【7選】怪奇小説を書いてみました。 どうでしょうか? 講評を下さい。 「今宵…

怪奇小説を書いてみました。 どうでしょうか? 講評を下さい。 「今宵…

怪奇小説を書いてみました。
どうでしょうか? 講評を下さい。
「今宵、魔物と化して」
シャワー室でさっと汗を流し、爽快感をまといスポーツクラブを出ると、ちょうどお腹が鳴った。直美は、家に帰っても一人だし、夕食はこのまま外で済ませようと考えた。そして携帯で近くのレストランを探し始めたところでLINEがきた。夫の芳樹からである。芳樹は連休を利用し、バイク友達と伊豆にツーリングへ出掛けていた。そんな夫から届いた画像を見て、直美はクスッと目を細めた。富士山をバックにどや顔の芳樹が可笑しかった。
食事を済ませ家に帰った直美は、録り溜めていたドラマを観ることにした。これといって趣味のない直美は、然してのんびりと平凡な夜をやり過ごし、時計の針は見る間に周回を重ねていった。
そろそろ深夜ともなり、直美が就寝しようとソファーを立った時だ。不意に家のチャイムが鳴った。確認すると驚くことに夫の芳樹である。予定では泊まりのはずだが、思わぬ帰宅に直美は目を白黒させた。すかさず、どうしたの芳樹君?何かあったの?と不思議そうに尋ねたが、芳樹は無言のまま目も寄越さない。玄関を上がり直美の脇をすり抜けると、フルフェイスのヘルメットも取らず、そのまま廊下を折れ浴室へと消えていった。どう見ても様子がおかしい。直美の胸に不安な影が横切った。しばらくすると激しいシャワーの水音が聴こえてきたが、直美は中から鍵がかかっている浴室のドアを叩き、芳樹の名を呼び続けた。どこか体の具合が悪いんじゃないかと心配でならなかった。
それから間もなく携帯が鳴った。直美はリビングに戻り携帯を取り上げた。芳樹のツーリング仲間、熊田からの着信だ。電話に出ると勢い込んで熊田は叫んだ。
「大変だっ直美ちゃん!芳樹が、芳樹が、横転したトレーラーの下敷きになった」
それにはわけがわからず直美は混乱した。えっ?!どういうこと?彼なら今、家で──そう言おうとして言葉を飲み込んだ。シャワーの音が止まったからだ。
「意識不明のままドクターヘリで運ばれたが助かるかどうかわからない。重体なんだ」
電話の声が遠くの方で聴こえる。すでに直美の関心は浴室へと向けられていた。直美はそろりと足を伸ばしドア越しに耳を当てた。しかし中の様子は物音はおろか、なんの気配も感じられない。急に嫌な胸騒ぎを感じ、直美は心細く、ますます不安に取りつかれてしまった。
「なにしてるんだ?直美」
そう背後で声がした。振り返ると廊下の先の暗がりに芳樹が立っている。バスタオルを腰に、上半身は裸のままだ。一瞬、口から心臓が飛び出るくらい驚いたが「もうーなんなのよー、心配させないでよー」と直美は苦笑いを送り返した。ほっと安堵した拍子に、得も言われぬ愛しさがこみ上げてきた。そして芳樹に近付き、ふれ合おうとして、直ぐにその動きを止めてしまった。
──えっ!誰?!……芳樹君じゃない。
姿や人相は似ているが、目の前に立っている相手は別人だ。男はニタニタしながら直美を見つめている。瞬く間に恐怖が全身を駆け抜けた。
「きゃあああああああ」
「なんだ?どうした直美ちゃん?」
悲鳴を聞きつけ熊田が言った。幸い通話は切らず、直美はずっと携帯を握りしめていた。
「ど、どうしよう熊田君、知らない男が、家に……家に……」
そう言って直美は立ちすくんだまま、ぶるぶると震えた。
急に目の前の男は呻き声を上げ頭を抱えた。それからなんと頭がザクロのようにぱっくりと割れ始め、全身の表面の皮が、まるで服を脱ぐようにずり落ちた。直美は身体中の毛穴が開き戦慄した。中からこの世のものとは思えない怪物が姿を現した。
「いっ、いっやああああーーー!」
「どうしたー?何があった?!」
直美は腰を抜かし、その場に尻餅をついてしまった。
「ば、ば、化け物が……」
緑色の肌に鶏冠(とさか)のような赤い髪。皮膚はトカゲのようにざらざらしていて、大きな口には鋭い牙も見える。息づかいは獣のように荒々しく、白眼のない真っ黒な瞳を吊り上げ直美を射すくめている。
「しっかりしろ直美ちゃん!化け物って一体なんだ?」
もはや気が動転してしまい、呼吸は浅くなるばかりで直美は声も出せない。
「直美ちゃん、いいか、よく聞いてくれ。携帯を今すぐライブ通話に切り替えるんだ。きっと互いの顔を見て話せば落ち着くはずだ。そっちの状況を教えてくれ!」
そう言われ直美はぎこちなく何度も頷いた。そしてどうにか震える手で携帯を操作した。
「気を確かに持つんだ。いいか、俺の顔をしっかり見るんだ!」
励ましの声と共に、暗い画面に映像が浮かび上がる。直美は携帯を覗き込んで卒倒してしまった。
「おーい、どうした?直美ちゃん、直美ちゃん、直美ちゃーん……クックックックッ」
画面に映り込んだ熊田は、目の前の怪物とそっくり同じ姿をしていた。
「クックックックッ・・・・」
謎の怪物たちは互いに声を揃え、いつまでも不敵に笑っていた。

アンサー

怪奇小説って言うか昭和の雑な少女漫画的ホラー
あと文章が
~かった
~だった
~ていた
~いた
箇条書きでしか書けない小学生の作文レベルで非常に読み辛い
内容が全く入ってこない、読む気が失せる
書いたら人に読ませる前に自分で音読して見たらいい
そこで気付かないなら才能は無い
とりあえず現状、人に読ませるレベルではない
◆「ど、どうしよう熊田君、知らない男が、家に……家に……」
そう言って直美は立ちすくんだまま、ぶるぶると震えた。
ここまではよかったのではないでしょうか。
それがどうもこの落ちはいただけないなと思いました。どうなるか期待しただけに怪物では失望も大きい気がします。「古い少女漫画ホラー」は言い得てるかもしれません。
ところで、少女漫画ホラーと講評しておきながら「内容が全く入ってこない」というのは、ちょっと筋が通らないのでは。
文章はとくに読みにくくもないし、むしろ上手い方だと思いますけどね。
◆ホラーですよね、後半部分を一部訂正します。
家のチャイムが鳴った。確認すると驚くことに夫の芳樹である。
予定では泊まりのはずだが、思わぬ帰宅に直美は目を白黒させた。
すかさず「どうしたの芳樹君?何かあったの?」と不思議そうに尋ねたが、
芳樹は無言のまま目も寄越さない。玄関を上がり直美の脇をすり抜けると、
フルフェイスのヘルメットを取らず、そのまま廊下を折れ浴室へと消えていった。どう見ても様子がおかしい。
直美の胸に不安な影が横切った。
しばらくすると激しいシャワーの水音が聴こえてきたが、
室内から鍵がかかっている浴室のドアを叩き、直美は芳樹の名を呼び続けた。
どこか体の具合が悪いんじゃないかと心配でならなかったのだ。
それから間もなく直美のスマホの着信音が鳴った。
直美はリビングに戻りスマホを取り上げた。
芳樹のツーリング仲間である熊田からの着信だ。
通話ボタンを押すと勢い込んだ熊田は叫んだ。
「大変だっ直美ちゃん!芳樹が、芳樹が、横転したトレーラーの下敷きになった」
それにはわけがわからず直美は混乱した。
「えっ?!どういうこと?彼なら今、家で──?」
そう言おうとして言葉を飲み込んだ。シャワーの音が止まったからだ。
「意識不明のままドクターヘリで運ばれたが助かるかどうかわからない。重体なんだ」
電話の声が遠くの方で聴こえる。すでに直美の関心は浴室へと向けられていた。直美はそろりと足を伸ばしドア越しに耳を当てた。
しかし中の様子は物音はおろか、なんの気配も感じられない。
急に嫌な胸騒ぎを感じ、直美は心細く、ますます不安に取りつかれてしまった。
「なにしてるんだ?直美」そう背後で声がした。
振り返ると廊下の先の暗がりに芳樹が立っている。
ライダースーツを身に纏ったまま、ヘルメットも着用したままだ。
一瞬、口から心臓が飛び出るくらい驚いたが
「もうーなんなのよー、心配させないでよー」と直美は苦笑いを送り返した。
ほっと安堵した拍子に、得も言われぬ愛しさがこみ上げてきた。
そして芳樹に近付き、ふれ合おうとして、直ぐにその動きを止めてしまった。
ヘルメットのシールド越しに見える目元は芳樹のそれとは違っている。
えっ!誰?!……芳樹じゃない。
姿や人相は似ているが、目の前に立っている相手は別人だ。
男はニタニタしながら直美を見つめている。瞬く間に恐怖が全身を駆け抜けた。
「きゃあああああああ」
「なんだ?どうした直美ちゃん?」
悲鳴を聞きつけ熊田が言った。
幸い通話は切られず、直美はずっと携帯を握りしめていた。
「ど、どうしよう熊田君、知らない男が、家に……家に……」
そう言って直美は立ちすくんだまま、ぶるぶると震えた。
目の前の男はヘルメットを外そうと頭を抱えた。
ゴトッ、廊下の床にヘルメットが落ちる、
しかし、落ちたヘルメットのシールド越しに目がある、
ヘルメットの中に頭部が収まったままだ、
直美が見上げると首の無い男が立っていた。
「いっ、いっやああああーーー!」
「どうしたー?何があった?!」
直美は腰を抜かし、その場に尻餅をついてしまった。
「ば、ば、化け物が……」
「しっかりしろ直美ちゃん!化け物って一体なんだ?」
もはや気が動転してしまい、呼吸は浅くなるばかりで直美は声も出せない。
「直美ちゃん、いいか、よく聞いてくれ。携帯を今すぐライブ通話に切り替えるんだ。きっと互いの顔を見て話せば落ち着くはずだ。そっちの状況を教えてくれ!」
そう言われ直美はぎこちなく何度も頷いた。
そしてどうにか震える手で携帯を操作した。
「気を確かに持つんだ。いいか、俺の顔をしっかり見るんだ!」
励ましの声と共に、暗い画面に映像が浮かび上がる。
直美は携帯を覗き込んで卒倒してしまった。
「おーい、どうした?直美ちゃん、直美ちゃん、直美ちゃーん……クックックックッ」
画面に映り込んだ熊田は、目の前の男とそっくり同じ姿をしていた。
以下省略。
回答:
昔からの言い伝え「首無しライダー」の拡張版にしてみました。
現場じゃない場所にも表れるし、バイクに乗らなくても使える、
そういったお話にしてみました。
この最近の傾向として、妖怪変化は受け入れられない傾向があり、
シンプルでなければインパクトが得られないみたいです。
◆これを晒せる度胸は凄いと思う、普通は自粛する
◆うーん…
怪奇というよりチープという印象を持ってしまいました。
ごめんなさい。
◆……ごめんなさい。よくわかりません。


質問タグ:直美,芳樹,ドクターヘリ,熊田,ジム,ヘルメット,箇条書き

【完全版】家の改築のデザインなどを考える仕事につきたいです。 ビフォーアフタ…

家の改築のデザインなどを考える仕事につきたいです。 ビフォーアフタ…

家の改築のデザインなどを考える仕事につきたいです。 ビフォーアフターで、改築後の家の構成を考えるアレです…
私は今中学生なのですが、それに就くために、今からやっておいたほうが良いこと、
どうやったらその仕事につけるか(〇〇学校を卒業する…)などを教えてください!

アンサー

一級建築士になることです。
資格試験に必要な要件が揃えられる教育課程のある四年制大学を出ます。
二級建築士でもビフォーアフターのようなリフォームのデザインだけ、ならできると思いますが、あの方たちはほぼ皆一級建築士です。知識技能と見積もりや総監督、動かす金額など、仕事のダイナミックさが違ってくると思います。どうせやるなら一級を目指して欲しいです。
建築士は他者に夢を売る仕事ですね。景色を残せる。街づくりもできます。社会を作ることに携わっていきます。
かっこいい。
頑張って頂きたいです。


質問タグ:ビフォーアフター,改築,中学生,改築後,構成,街づくり,皆一級建築士

【問】セキスイハイム アバンテFSは 築20年以上経過で 屋根の葺き替えが必要…

セキスイハイム アバンテFSは 築20年以上経過で 屋根の葺き替えが必要…

セキスイハイム アバンテFSは 築20年以上経過で 屋根の葺き替えが必要と 言われました。
当家は セキスイハイム アバンテFSで 築23年目の家です。 屋根は 亜鉛メッキ鋼板に塩ビシートが張ってあり、その上に塗料が塗装
してある構造のようです。
先日 築20年目の定期点検の時、築20年以上はシートが劣化して剥がれることがわかったため、今後は塗替え塗装ではなく 屋根の葺替えが必要で、金額としては300~400万円程度かかるのでは? と告げられました。
最初の営業トークでは屋根の鋼板は塗替え補修で 半永久的に品質が保てると言われて購入したのに、だまされたような気分です。
車で言えばリコールと同じことだと思うのですが、セキスイハイムは一切 保障せず、依頼者負担で屋根の葺き替えをして下さい としか言わず納得できません。
なんとか セキスイハイム側に補償してもらえるような方法はないのでしょうか?
同じ セキスイハイムのお宅でお困りの方や、何か良い対処方法をご存知の方がみえられましたら、ご教授願います。
よろしくお願い致します。

アンサー

自身の目で確認されてはどうでしょう?
塩ビ鋼板は、通常、原板に溶融亜鉛めっきが施されていますから、剥がれても直ちに錆びることはないと思います。
溶融亜鉛めっきはサビに強いものです。
ただ、滞留する水には弱いので塩ビが剥がれて雨水が長く滞留する様な状態ではサビの発生は早まります。
取り敢えずサビが見られなければ、あと5年は大丈夫です。
仮に、塩ビ鋼板が塗り替えで半永久的に持ったとします。営業トークが正しかったとしても、その塗装周期は5-7年です。その度に足場工事になり多額の費用がかかります。
ハイムの構造体の寿命は長いので、早い目にステンレスに葺き替えされてはと思います。
長い目で見れば、営業トークが正しい場合より安くつきます。
リコールにはなりませんし、補償も無いです。20年を超えて、突然倒壊したり、構造体が極端に強度低下を引き起こすならまだしも、屋根の劣化で製造物責任を負わせていては全ての建築業、製造業を破綻に追い込む事になります。
◆裁判起こすしかないでしょうけど
半永久的だと営業が言った
証拠は何もないと思うし
雨漏れの保証は10年だから
勝てないと思います。


質問タグ:セキスイハイム アバンテFS,屋根,亜鉛メッキ鋼板,セキスイハイム側,リコール,溶融亜鉛めっき,塩ビ鋼板

【知らないと損】なぜ「古民家」というキーワードにはプレミア感があるのか? 「廃墟」…

なぜ「古民家」というキーワードにはプレミア感があるのか? 「廃墟」…

なぜ「古民家」というキーワードにはプレミア感があるのか?
「廃墟」を「古民家」と言い換えただけで高く売れる。
そもそも「廃墟」と「古民家」は同じものではないのか?

古民家,廃墟,そもそも,プレミア感,軸組み工法,要出典,古い家アンサー

不動産屋は嘘ばかり言う
安アパートをマンションと言い
改装をリノベーションとか言うから
廃虚も古民家と言い張るんです
◆古民家=廃墟じゃありません
多くの古い家は、人が済まなくなると手を入れられずに廃墟になってしまいますが、それは古い家だけではありません
画像のような家ですね
一方、一般に古民家とは古いにもかかわらず古いまま人がお金を掛けて手を入れて住める状態に保たれた家のことを呼んでいます
ビンテージ呼ぶにふさわしいものとと、新しくても古くても壊れて使えなくなった、単なるボロっちいものの違いです
◆古民家は、まだ住める古い家。
廃墟は、どうやってももう住めない家。
そんな違いは有ると思います。
何故、古いのにまだ住めるか? 構造がしっかりしてて、保存状態も良いから。
◆古美術品や骨董品とガラクタの区別のつかない。
クラッシクカーとボロ車の区列もつかない。
アンティーク雑貨とゴミの区別がつかない。
そういう感性やセンスの無い方には理解できない話です。
ボロ家と廃屋と古民家は違うものですね。
定義は曖昧で主観も入るのは間違いないですが。
◆古民家とは画像参考に。
君の画像は「廃屋」と呼ばれる。
◆通常は戦前以前のもの、特に大正以前のものをさすことが多い[要出典]。また、その建築方式が釘などを使わない伝統的日本建築で建てられた建物を特定することが多い。
古民家に使われている木材は、現在のハウスメーカーに代表される安易な方法とは異なり、いわゆる適材適所が採用され、腐りやすい部分には欅、栗、檜などが使用され、梁には強度の高い松、内装には杉などの目に優しく木目の美しい木材や、調湿効果に優れた素材が使い分けられる[要出典]。このため、メンテナンスさえ怠らなければ、200年から300年は持つように作られている[要出典]。
上記wikiより。
ただ古くて人の手入れがされていないのは古民家ではないです。
写真のは古民家というのとは年代も違う


質問タグ:古民家,廃墟,そもそも,プレミア感,軸組み工法,要出典,古い家

【効果あり】なぜ「古民家」というキーワードにはプレミア感があるのか? 「廃墟」…

なぜ「古民家」というキーワードにはプレミア感があるのか? 「廃墟」…

なぜ「古民家」というキーワードにはプレミア感があるのか?
「廃墟」を「古民家」と言い換えただけで高く売れる。
そもそも「廃墟」と「古民家」は同じものではないのか?

古民家,廃墟,そもそも,プレミア感,軸組み工法,要出典,古い家アンサー

不動産屋は嘘ばかり言う
安アパートをマンションと言い
改装をリノベーションとか言うから
廃虚も古民家と言い張るんです
◆古民家=廃墟じゃありません
多くの古い家は、人が済まなくなると手を入れられずに廃墟になってしまいますが、それは古い家だけではありません
画像のような家ですね
一方、一般に古民家とは古いにもかかわらず古いまま人がお金を掛けて手を入れて住める状態に保たれた家のことを呼んでいます
ビンテージ呼ぶにふさわしいものとと、新しくても古くても壊れて使えなくなった、単なるボロっちいものの違いです
◆古民家は、まだ住める古い家。
廃墟は、どうやってももう住めない家。
そんな違いは有ると思います。
何故、古いのにまだ住めるか? 構造がしっかりしてて、保存状態も良いから。
◆古美術品や骨董品とガラクタの区別のつかない。
クラッシクカーとボロ車の区列もつかない。
アンティーク雑貨とゴミの区別がつかない。
そういう感性やセンスの無い方には理解できない話です。
ボロ家と廃屋と古民家は違うものですね。
定義は曖昧で主観も入るのは間違いないですが。
◆古民家とは画像参考に。
君の画像は「廃屋」と呼ばれる。
◆通常は戦前以前のもの、特に大正以前のものをさすことが多い[要出典]。また、その建築方式が釘などを使わない伝統的日本建築で建てられた建物を特定することが多い。
古民家に使われている木材は、現在のハウスメーカーに代表される安易な方法とは異なり、いわゆる適材適所が採用され、腐りやすい部分には欅、栗、檜などが使用され、梁には強度の高い松、内装には杉などの目に優しく木目の美しい木材や、調湿効果に優れた素材が使い分けられる[要出典]。このため、メンテナンスさえ怠らなければ、200年から300年は持つように作られている[要出典]。
上記wikiより。
ただ古くて人の手入れがされていないのは古民家ではないです。
写真のは古民家というのとは年代も違う


質問タグ:古民家,廃墟,そもそも,プレミア感,軸組み工法,要出典,古い家

【効果あり】なぜ「古民家」というキーワードにはプレミア感があるのか? 「廃墟」…

なぜ「古民家」というキーワードにはプレミア感があるのか? 「廃墟」…

なぜ「古民家」というキーワードにはプレミア感があるのか?
「廃墟」を「古民家」と言い換えただけで高く売れる。
そもそも「廃墟」と「古民家」は同じものではないのか?

古民家,廃墟,そもそも,プレミア感,軸組み工法,要出典,古い家アンサー

不動産屋は嘘ばかり言う
安アパートをマンションと言い
改装をリノベーションとか言うから
廃虚も古民家と言い張るんです
◆古民家=廃墟じゃありません
多くの古い家は、人が済まなくなると手を入れられずに廃墟になってしまいますが、それは古い家だけではありません
画像のような家ですね
一方、一般に古民家とは古いにもかかわらず古いまま人がお金を掛けて手を入れて住める状態に保たれた家のことを呼んでいます
ビンテージ呼ぶにふさわしいものとと、新しくても古くても壊れて使えなくなった、単なるボロっちいものの違いです
◆古民家は、まだ住める古い家。
廃墟は、どうやってももう住めない家。
そんな違いは有ると思います。
何故、古いのにまだ住めるか? 構造がしっかりしてて、保存状態も良いから。
◆古美術品や骨董品とガラクタの区別のつかない。
クラッシクカーとボロ車の区列もつかない。
アンティーク雑貨とゴミの区別がつかない。
そういう感性やセンスの無い方には理解できない話です。
ボロ家と廃屋と古民家は違うものですね。
定義は曖昧で主観も入るのは間違いないですが。
◆古民家とは画像参考に。
君の画像は「廃屋」と呼ばれる。
◆通常は戦前以前のもの、特に大正以前のものをさすことが多い[要出典]。また、その建築方式が釘などを使わない伝統的日本建築で建てられた建物を特定することが多い。
古民家に使われている木材は、現在のハウスメーカーに代表される安易な方法とは異なり、いわゆる適材適所が採用され、腐りやすい部分には欅、栗、檜などが使用され、梁には強度の高い松、内装には杉などの目に優しく木目の美しい木材や、調湿効果に優れた素材が使い分けられる[要出典]。このため、メンテナンスさえ怠らなければ、200年から300年は持つように作られている[要出典]。
上記wikiより。
ただ古くて人の手入れがされていないのは古民家ではないです。
写真のは古民家というのとは年代も違う


質問タグ:古民家,廃墟,そもそも,プレミア感,軸組み工法,要出典,古い家

コメント