昨年11月に、新築時のハウスメーカーのリフォーム部で、外壁・屋根塗

昨年11月に、新築時のハウスメーカーのリフォーム部で、外壁・屋根塗装工事をしました(築14年半)。サッシや面格子(すべて黒色)など、アルミ部分は塗装できないとのことで了承していました。 また、足場を建てるために、カーポートの屋根の一部と、テラスの屋根を撤去することも了承していました。工事は完了しましたが、数日後にアルミ部分のあちこちで、白っぽくなったり、艶がなくなったりしていることに気づきました。塗装とは関係のない、テラスやカーポート(屋根を取った部分)まで…。すぐに業者さんに連絡をして、確認にきてもらい、できるかぎり元に戻す努力をしてもらえることになりました。アルミメーカーの方、塗装業者の方、リペアサービスの方、などいろいろと来てもらって検討しましたが、結局元に戻すことは難しく、あきらめざるを得ない状態になっています。はっきりとした原因も分かっていません。ただ、テラスとカーポートについては、屋根を取って足場を建てただけで、養生をしていなかったため、塗装のクリアが飛び散っているのを確認できた場所もあります。それにしても、どうしてこんなに白っぽくなるのか…。
①外壁・屋根の高圧洗浄時に、アルミ部分に白汚水がついたままで、乾いてしまっていました。(高圧洗浄時に、窓などはサッと流して清掃する話になっていましたが、清掃は実施されず、工事が終わるまで、窓ガラスは真っ白でした。)②雨天などで、工期が延びて、養生している期間が3~4週間になりました。その間、雨や朝晩と日中の気温差で、養生ビニール内は、ずっとビショビショに湿った状態でした。③工事完了間際に、窓ガラスの清掃を申し出たところ、塗装業者さんがガラスクリーナーで清掃し、汚れているからと、アルミ部分も全て、ガラスクリーナーで拭き掃除をしてしまいました。汚れているところを水で流さずにそのまま拭いてしまったために、アルミ部分にはなかったはずの小傷ができている部分もありました。
調べてみると、アルミは、ほこりなどが溜まったところに水分が付くと、錆や白化が出やすいとあったのですが、家は14年半が経過していて、すでにもろくなっているところに、上記のような条件が重なり、錆や白化につながってしまったのだろうかと思っています。
あるいは、ラッカーシンナーなどで、拭き掃除をしていまったのか…とも。
原因ははっきりしないのですが、塗装するにも、面積が広すぎて、また、アルミの塗装の耐久性を保障できないと言われ、踏み切れませんでした。
また、面格子は取り換えを申し出てもらえましたが、現在と同じものではなく、後付タイプの面格子で、現在のものを建物からはがすリスクと後付タイプの安全性を聞くと、これも取り換えに踏み切ることができないでいます。
上記のような経過で、結局は工事代金からの割引という形で、決着をつけようとしているのですが、現在はその提示待ちで、その金額がどれぐらいなら妥当なのかということが、私には全く分かりません。
工事代金の総額は250万円程度、問題になっているアルミ部分は、面格子5面、アルミサッシ(掃出し窓)3か所、基礎走り、ベランダ笠置、ベランダ柱2本、勝手口ドア、玄関前階段用手すり、テラス、カーポート(2台分用)柱2本・はり1本です。
詳細には記入できずに申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。
また、何かアルミクリーナーなどでの清掃など、元に戻す良い知恵がありましたら、よろしくお願いいたします。



年数が経過したアルミの場合、塗料飛散にるラッカーシンナーのふき取り掃除で、白っぽく変色することはありますが、経年劣化の影響も少なからずあります。
元にもどすことはほぼできないと思いますが、アルミ用の有機酸洗浄剤というものがあるので、それを使ってみたらいかがでしょうか。
ちなみに白色サッシの場合、車の水アカ落としでもきれいに落とすことができます。
◆住宅の洗浄作業時に塩素系の薬品を使っていませんか?見積もりや作業内容の書類等に書いていないか確認して下さい。苔や藻を除去する際通常の洗浄(水のみ)より効果を持たせる為に薬品を混ぜて洗浄(もしくは先に散布)することがあります。薬品を使った洗浄後はさらに薬品を流す為に再度洗い流す必要があります。この洗浄が不十分なときにこのような現象が起こる後があります。