お世話になります。 豪雪地帯のため、屋根にせっぴ(雪庇)防止装置を取

お世話になります。 豪雪地帯のため、屋根にせっぴ(雪庇)防止装置を取り付けようと思っています。
既に数社からお見積もりも頂いたですが、メンテナンス性の部分で悩んでいます。
1、特許取得の「セッピくん」
リバーシブル鋼板(ブラックの場合:シルバーはガルバリウム鋼板)で錆が心配
2、ヒルコ「セッピストッパー」
ZAM:ガルバリウム鋼板より後に開発され、マグネシウムを添加し更に強度を高めたもの。
3、日昭アルミ「スノーフライ」
アルミ削りだし形成:素人的にはこれが一番軽くて屋根にダメージも少なく、錆びも出なそう。
質問ですが、どの商品が一番メンテナンスフリー(錆びづらく、屋根のメンテナンスも少ない)でしょうか?
皆様ならどれを選びますか?
価格は25から35万円程です。特に価格に拘りはありません。



ガルバリウムは昔からありますが、錆には強いです。マグネシウム合金は、塩害にも強いです。雪に塩分はつきものですよね。でも、アルミの削り出しは軽いし良さそうです。
私は札幌に4年間住んだことがありますが、そこでも雪かきは大変でした。1階だったので、除雪された雪が窓を覆い真っ暗でした。大家さんが雪下ろしをしていましたが、危険だからと言って手伝わされたことはありません。
3.を選びます。いちばん高そうですけれど。
◆カテゴリーマスター様からのご回答大変嬉しく思います。求めていた回答が得られ、自分の調べた情報とも一致し、自信が持てました!
どうもありがとうございます!!
もう少し回答を待ってみて、ベストアンサーを決めさせていただきます。迅速な回答本当にありがとうございました。