マンションの最上階で漏水が発生しています。1995年竣工の鉄筋コ

マンションの最上階で漏水が発生しています。1995年竣工の鉄筋コンクリート造(RC)で大手ゼネコンの建築です。聞くと、新築後10年以内の早い段階で、すでに発生していたようです。 最上階の漏水というのは、よくあることなんでしょうか?それとも、年代により技術レベルが違ってきているのでしょうか?
最上階の漏水という問題を解決しないと、この劣化はマンション全体にどういう影響を与えていくのでしょうか?
数年ごとに補修を行っていますが、だましだましという印象です。
現時点で、既設の建物に対する最上階の漏水を止めることができる技術をもった業者は存在しているのでしょうか?もしいたとした場合、どれくらいの費用がかかるものなのでしょうか?



>マンションの最上階で漏水が発生しています。
雨水による雨漏れでしょうか?
それとも、給水管か排水管による漏水でしょうか?
少しの知識を持った人が、配管図面を手にして、水が出ている位置、水量、漏水の頻度(長く雨が降らないと出ないとか、ある決まった部屋が留守になると出ない、切れ目のない漏水は給水からの水が疑わしいなど)などの情報があれば、「たぶん、こうじゃないか?」という判断はできるものです。
>新築後10年以内の早い段階で、すでに発生していたようです。
> 最上階の漏水というのは、よくあることなんでしょうか?
水って、あら探しじゃないけど、まるであら探しのように、万有引力の法則に従い、弱いところ、悪いところを攻撃するかのようにして漏水が始まるのです。給水なり排水なりの配管を施工した職人は一流だった。しかし、その配管の接するコンクリートの流し方や床の施工した職人の手が悪く配管に無理な力が加わることとなって管のジョイント部が破断して漏水が起きたなどもあります。元請けのネームバリューなど関係ないです。
屋根の防水切れなど、雨漏れは他階に比べると最上階が原因というのはよくあります。ただ配管の亀裂等はどの階も確率は同じです。
>年代により技術レベルが違ってきているのでしょうか?
今の時代、金属管は使用しないなどの技術レベルの変化そのものはありますが、直接的なものはあまりないです。
>最上階の漏水という問題を解決しないと、この劣化はマンション全体にどういう影響を与えていくのでしょうか?
最上階に限らず、鉄筋コンクリート造の建物は水を嫌います。建物の末期症状のひとつが「爆裂」といわれるもので、コンクリートで被覆されている内部の鉄筋に水が及ぶと錆を生じ、その錆により膨張した鉄筋が被覆しているコンクリートを吹き飛ばして鉄筋自身が露呈する症状です。それを放置すると更なる爆裂を誘発してしまうので、そこを補修して鉄筋に直接に水が及ばぬように再度被覆します。なので、結局はだましだましのメンテナンスしかできないのです。
>既設の建物に対する最上階の漏水を止めることができる技術をもった業者は存在しているのでしょうか?もしいたとした場合、どれくらいの費用がかかるものなのでしょうか?
「漏水バスターズ」で検索してみてください。
お安くは出来ないかもしれませんが、原因を突き止める自信はあります。と言ってた人を知っています。
◆「よくあることなんでしょうか?」
→ときどきあります。
「それとも、年代により技術レベルが違ってきているのでしょうか?」
→年代による技術レベルの問題ではないと思います。原因は様々です。
「最上階の漏水という問題を解決しないと、この劣化はマンション全体にどういう影響を与えていくのでしょうか?」
→部位によりますが、最上階の利用に大きな支障が生じるでしょう。
「既設の建物に対する最上階の漏水を止めることができる技術をもった業者は存在しているのでしょうか?

「もしいたとした場合、どれくらいの費用がかかるものなのでしょうか?」
→いくらでも存在します。問題は、原因が何かということと、どのくらいの費用を投じるかということです。費用は、規模と原因によりますから一概には言えません。
◆最上階ということは屋上の防水がきれてるのが主な原因かと。他にはパラペット部、ルーフドレンの周囲など考えられる物は多いです。屋上に基礎などがあればその根元から防水層にしみこんだり。
大手ゼネコンであればそれぐらいの技術は持ってるはずなんですけどね