ソーラーパネルの価格は最近急に安くなってるの?

ソーラーパネルの価格は最近急に安くなってるの?



一般住宅(4kwシステム)1kwあたりの相場は
○日本、欧米系メーカー
単結晶.HIT24~30万
多結晶,CIS20~25万円
○新興国系メーカー
単結晶20~27万円
多結晶,CIS18~23万円
太陽光発電の価格相場はご自身で確認されるのが一番です。
「ご自宅の大きさ」「架台の有無」「屋根の形状、材質」「工法」「設置場所」等で工事費が余計にかかる場合があります。もしかしたらそのためにご自宅が相場より高い価格設定になっているのかもしれません。
さらに保証内容やアフターメンテナンスは各「メーカー」「設置業者」によって千差万別です。出力保証が10年が標準だと思いきや、25年保証するところまであります。アフターメンテナンスも10年間無料のところもあれば、来るたびにお金を取るところもあります。
システム本体価格のみで判断すると後々後悔することにもなりかねませんので複数設置業者を比べてみて保証内容等含めたトータルの経費をご算出ください。
その確認のためにも他社で見積もりを取って比較されることをお奨めします。
比較検討していれば自然と価格相場も把握できますし、基礎知識も身についてきます。何より他社の見積もりを持っていれば交渉する際に心強い味方になってくれます。今はインターネットで気軽に見積もり依頼ができますので一度見積もられると良いでしょう。こちらに業者の選び方載ってますのでご参考にどうぞ。
沢山見積もり出させて競合させてみると対応やサービスなどの違いで会社の良否もかなり浮き彫りになってくるので怪しい業者の見極めも容易になってきます。少しでも多くのサイトで少しでも多くの会社の見積もりをして競合させてみてください
ちなみに比較するポイントは
1.「売電見込み」
(1)収入
①20年間の発電量
②売電単価
③20年間の売電収入
④補助金収入
(2)支出
①設置費用(工事費、申請費、諸経費込み)
②メンテナンス費用、20年間
③税金、その他費用
④撤去費用
2.「保証期間」
(1)売電出力保証値と保証期間 (2)設備保証内容と保証期間
3.「.設備見積もり」
(1)設備費・・・・・・合計金額XXX円
①太陽電池モジュール。
②パワーコンディショナ
③接続箱
④発電モニター
⑤架台
⑥売電用メータ
⑦その他
(2)工事費
①基礎工事
②据付工事
③電気工事
④運搬、輸送費
⑤申請費用(電力会社、補助金)
⑥工事諸経費
(3)その他経費
①税金
②その他
4.「上記1から3の見積り有効期間」
ご参考にどうぞ。
◆確かに急激に安くなっています。
売電価格に合わせて、パネルの価格や導入費用も下がってきているといった感じです。
『太陽光発電の初期導入価格相場について』について書かれているサイトがあったので、見てみてください。
導入を考える際の参考になると思います。
◆日本国内での価格では2か月前には200Wのパネルが3万円ほどでした。今日、ヤフーで検索したら、200Wのパネルの最安値が15920円でした。
きっと安くなっているのでしょう。