建築学科の1年です コンクリート造が曲線を表現できるのは、鉄筋に繋

建築学科の1年です
コンクリート造が曲線を表現できるのは、鉄筋に繋がれているスラブという板のようなもの自体を曲げているから可能なのですか?



スラブ=床です。
床のコンクリートが構造体の場合をスラブっていいます。
コンクリートが曲線を表現できるのは型枠を曲線に組めてコンクリートが型枠の通りに形をなすっていうコンクリートの性質があるからです。
鉄筋コンクリートはコンクリート内に鉄筋が入る構造のことで、コンクリート打ち放しはコンクリートの外壁や内壁の表面仕上げが塗装やタイルの無い状態を指します。
◆スラブっていうのは床のことなんですね
初めて知りました
えっと、じゃあ…
鉄筋コンクリートの外枠を外した状態のまま、つまり、鉄筋コンクリートにタイルなどの仕上げ材がないものを打ち放しコンクリートと言うのであって、鉄筋コンクリートと打ち放しコンクリートは同じものなんですか?
◆板を曲げてるの表現が良くわかりませんが
スラブ鉄筋自体も曲げたものを使いますし型枠自体も曲げた型枠を使って
コンクリートを打設するので型枠の形通りの形に成ります。
鉄筋コンクリートは構造の話で鉄筋とコンクリートの組み合わせで作った建物ですよって事。
コンクリート打ち放しはコンクリートの表面の仕上げの話です。
打ち放しはツルツルの表面をそのまま見せる場合も有りますが
図面上で下処理して塗装の場合も打ち放し塗装仕上げとかの表記も有ります。