家の外壁塗装は素人でもやれますか? コーキング部も、そこに塗装を厚

家の外壁塗装は素人でもやれますか? コーキング部も、そこに塗装を厚塗りしてやれば張り替えはいらないのでは??
それか、コーキングの上に厚塗り。



下手で時間はかかるが自分でもやろうと思えばできますよ。
職人のような仕上がりにはならないが。
コーキングだって確り取り除いて埋めればいい。
厚塗りではダメですよ。
足場だけを足場屋さんに組んで貰い、高圧洗浄、養生、
プライマーかシーラーの下塗り、上塗り2回、仕上げ、
養生外し、足場外し、足場の後を修正塗り。
もし出来れば目荒らしをよくすると塗膜の付きがいい。
◆できるかどうかも人に聞かんと自分で判らん仕事がまともにできるわけねーだろ。
◆外壁がサイディングだとすれば、それそのものに動きがあるので、いずれ塗膜に割れが生じてくると思います。
理屈はわかりますがシール自体の容積もやせてくるので、やはりやり替えは時期にやってきます。
特に素人さんのコーキングはまずやめておいたほうがいいと思います。
塗装の職人さんがコーキング作業も兼業する外壁塗装でさえ、品質のレベルは低い場合がほとんどです。
サイディングの外壁塗装をもし業者さんに依頼する時は、コーキングはシール屋さんが入る工事か否かが最も重要だと思います。
◆書き方が悪いかもしれませんが、コーキング部と言っている時点で、度素人の考え方です。本来はシーリング工事。
コーキングは隙間埋めで使われる言葉であって、建築の場合は必要な取り合いをシーリングに必要な隙間を空けて、必要な下処理をして繋ぎ合わせるのがシーリング工事。
この定義でも分かるように、塗装を厚塗りしてもシーリングに亀裂があったら、一時的に埋まるだけで、シーリングと塗装の伸縮率が違うから、数年で亀裂が表面化する。
劣化したシーリングの上に新しいシーリングを載せても、必要な隙間の残っているのは劣化したシーリングですから、新しいシーリングの効果は全くないに等しい。例え、劣化したシーリングに亀裂があるからと、その亀裂の隙間に入れ込むように新しいシーリングを塗り込んだとしても、粘性が高いシーリング材はその隙間の奥までは入り込まずに、気休め程度の工事になります。
DIYで施工するのなら、どんな工事をしようが自己責任ですから言及はしませんが、素人がプロの真似をするのなら、数倍の時間を使い、かなりの努力をしないと確実に後悔するでしょう。
◆私はハウスメーカーから共色を6L購入して外壁を自分で清掃から塗装してます。
素人かどうかは?
◆高所をどの様に対応するかが問題ですが
外壁塗装は可能です。
コーキング部に関しては厚塗りとはどの程度のことなんでしょうか?
厚塗りという事をやらないよりはやった方が良いには違いありませんが
どれ位良い事なのかはコーキング打ち換えとは比べる事はできないくらいでしょう。