現在26歳の公益財団法人の職員です。 嫁は公務員で2人の世帯年収は

現在26歳の公益財団法人の職員です。
嫁は公務員で2人の世帯年収は700万ほどです。
結婚2年目で今年6月下旬に1人目の子どもが生まれます。 現在は80坪の土地に築22年の2×4工法の2階建ての家に夫婦で住んでいます。
(家の支払は両親が支払済みで終わっているので家賃はかかっていません)
結婚し子どもが生まれるということで最初は現在住んでいる家をフルリフォームしよう
ということで何社かのリフォーム会社に現地確認などを含めた調査をしてもらったのですが、
上にあるように2×4工法で大規模なリフォームはできないとの結果に至り、
では建て替えをしようと嫁は言い出しました。
私の両親が建てた家で築年数は22年なのでまだ住む分には特に大きな問題などはないのですが
私は現在そこまで家に大きな不満もなく家賃もかかっていないのに建替えをしたいのか
理解できません。
嫁はリフォームができないのは分かったからいずれは建替えをしなければならないし、
年齢を重ねてからでは支払いが大変だといい、消費税が上がる前に建替えをして
子どもと新生活をスタートしたいと言っています。
結婚式と新婚旅行の費用もかさみ夫婦の貯金額も多くなく、現在家賃が0円の状態から
何千万とローンを組み、月々10万近い金額を払っていく。
家を建てた後の生活が苦しくなるのは目に見えているこの現状に不安しかありません。
皆さんはどう思いますか?
新築建替えをするべきか、現状のまま貯金をためていくのか



部屋割りなどの構造を変えるリフォームは無理でしょうが、
内装(壁のクロス、床のフローリング)を変える
水回りを変える(システムキッチン、トイレ、洗面台、お風呂)
建具、電気設備、空調設備の更新
外壁の塗装、屋根の更新
などは2×4でも可能では。
全部やったら建て替えに近いくらいかかるかもしれませんね。
一部だけ500万くらいとして、水回りと内装の更新で印象はずいぶんと違うと思います。
◆築22年の家を建て替えなければならないのなら、あなたの若さなら、人生で、あと2~3回立て替えないといけないわけですかね?
よほどのあばら家なのか、よほどのバカなのか、理解に苦しみます。
好きにして下さい。
◆月々10万払うのが大変と分かっているなら、予算を抑えるのが普通だと思います。
22年経っていれば、フルリフォームよりは新築です。
今はもったいない気がしますが、まだお若いのであと40年は住むはずです。
40年後に築62年の家が持っているか? と考えるとリフォームを繰り返すことになるでしょう。
ツーバイフォー工法でいちいちリフォーム代が高くつきます。
まずは頭金をためてください。
全体の予算も抑え、月々の支払は無理なく返せる金額にしましょう。
◆>皆さんはどう思いますか?
誰もが羨む美人の奥さんだったとしたら
「よし!わかった。お前と生まれてくる子供の為に新築だ!」
ブスな奥さんだったとしたら
「うるせぇ、贅沢言うな!」
みたいな事が多いんじゃないか、と思いました。
◆>新築建替えをするべきか、現状のまま貯金をためていくのか
建て替えを遅らせればいいんじゃないでしょうか。
木造建築は通常の発想ですと、20年を機にその後の改修費用や解体費用を差し引くと価値がなくなるといわれています。ですが、実際は耐用年数以上につかえるので、もっと長く使います。この論で行くと、27歳で新築した場合は、死ぬまでに2回修繕費がかかる可能性があるとすると、早くローンを返しても、修繕でもってかれることになります。もっといえば、ローン組むから安いわけでもないので金は貯めて工事を遅らせた方が結果的にかかる金は少ないといえます。
◆ジレンマゾーンだと思います。
ただ私は、貴方の状態で「家を建てる」という事自体には
別段、反対はしません。
そもそも家を建てるのは、現状の家に不満があるから
建てるもので、よほどの金持ちでなければ、税金対策や
気分転換で建てるものではないかと思います。
で、木造で築22年というのが小難いところで、
貴方の親が建てたという事は、貴方には、それなりには
愛着があるのではないでしょうか。
また、貴方は老朽しているとは思わないので、別段、
不満はないので、そう思うのだと思います。
しかし、一方で奥さんは、愛着もとくにはなく、
22年というのは古い、と感じていますので、
22年の古さが愛着感を勝っているので、
そう思うのだと思います。
これが、いくら愛着が無くても、築数年の家なら、
奥さんも、そうは思わないでしょうし、築50年ぐらい
経っている家なら、貴方もそう思わないかと思います。
よって、貴方と奥さんの価値観のすり合わせでしょう。
なので、他人がとやかく言う範囲ではありませんが、
あくまで私の意見としては、とりあえず30年過ぎた
当たりで、お子さんが思春期を迎える前ぐらいが
妥当ではないか?と思います。