築10年一戸建ての外壁と屋根の塗装のことで教えてください。1社で見積

築10年一戸建ての外壁と屋根の塗装のことで教えてください。1社で見積りをとったところ耐久年数によってねだんが違うそうで、10年のシリコン塗装だと80万、20年の無機フッ素塗装だと140万という金額でした。20年もつ なら高い方がお得かなと思っていますが、本当に20年もつでしょうか?詳しい方回答お願いします。



壁は20年くらいの耐用年数を期待してよいです。 フッ素塗料メーカーの施工事例で30年を迎えるものもあり、実証されていると考えられるからです。私もそれを信じて使っています。
ですが20年間汚れない訳でも亀裂が入らない訳でもないので、その点は注意が必要です。
屋根は壁よりも紫外線が当たりやすいなど条件が悪いため、20年持たないと考えています。
80万と110万なら検討しても良さそうですが、倍近いとなると、10年後にもう少し足して再塗装したほうがきれいな期間を2度得られる上、足場を架けてメンテできるわけですからお得です。
◆通常の住宅の大きさで、そもそも塗料の違いだけで60万円の差はあり得ないので、その辺からしてすこし様子がおかしいですね。
それと塗料の差だけで、耐久年数が2倍になることは絶対にありません。
ツヤや色あせなど、美観的には長く保ってくれるとは思いますが、家も動いたり家の中からの湿気も劣化の要因になり得ます。
塗膜単体から考えれば耐久性があるものの、家全体として考えたときに、木部や鉄部、外壁など家はつぎはぎだらけで構成されています。
家は平面より様々な節々から傷んでくることが多いので、そこに60万円の差が感じられるほどの塗料の差はまずないと思います。
◆20年もつと言う伝い方は間違いです。
あくまでも塗料の持つ期待耐用年数であって建物における環境にも
左右されます。
シリコン系ラジカル塗料でも15年期待できますので、そのあたりで
検討してはいかがでしょうか。
◆20年というのは、塗料が”正確に”施工された場合の理論上の最大の耐久年数ですけどね。塗料の扱いや施工が悪くても20年よりも落ちます。もっとも、シリコンも同じです。
実際は15年もすると、汚れのほか、ひび割れや塗装以外の劣化が気になりだしますので、15年から20年までの5年間は安全マージンと思っておきましょう。
聞きたくなかった話かもしれませんが、施工する人の腕が悪いと期待される耐久年数の半分程度で状態が悪くなります。


コメント