年収1000万 ついつい浪費しませんか? 最近 ここ三年間で夫の年収が30

年収1000万 ついつい浪費しませんか? 最近 ここ三年間で夫の年収が300万ほどあがりました。
子供もまだ中学生 高校生がいる40代 中盤の夫婦です。貯金400万 去年 車 250万 今年 外壁塗装他 150万 現金で貯金から払いました。 住宅ローンあと800万
去年 私のパート代入れて 手取り780万 貯金180万 支出600万 住宅ローン 110 生活費 360万 教育費 塾 部活 130万
今まで 年間6万のお小遣いで どうしても縮毛矯正二回 24000円がかかり 残りを 服 であとお出かけに使っていました。
長男の受験が終わって、最近ついつい浪費する機会が増えていると感じてます。
ドトールに月一回行くようになった。 前は家でお茶してた。220円 これは家計から
月 6万だったこづかいを8万にした。縮毛矯正年3回 小遣いから
今まで bbクリーム2500円年3回だったのを 下地1500円年3回とファンデーション海外ブランド年1回4500円に変えた。 家計から
実母からたまに小遣いをもらっていたが今年は10万いつも子供の教育費や部活道用品になっっていたが、アフタリフト 2万円分買った。10万を五年に分けて アフタリフトを買う予定
小さな変化でも 毎年毎年となると 危ないなあと感じます。どんな意見でもいいのでよろしくお願いします。



40代の夫婦
世帯年収1400万 しかも子無しで家も中古の郊外マンション。年金のない母親も一緒住みです。
確かに金銭感覚がおかしくなる気持ちが解ります。
衝動買いの金額が5万円くらいなら・・・みたいな事をしていたのを自覚した時に恐怖を感じました。
旅行も年15回~ほど。外食も週に6・7回という生活をしていたのですが、それが当たり前になってた時にふと自覚した時の何とも言えないまとわりつくような不安感というか。
人間、たまたま余裕があるとそうなっちゃうんですよね。
確かに収入が上がれば生活レベルも上がっていきますが、所詮1000万台なんてたかが知れてるんですよね。税金に結構持っていかれるし。
本格的にお金がある生活は2000万以上無いと厳しいのでしょう。
肝心のポイントをキッチリ抑えておくべきだと反省しました。
将来必要であろうお金をすべて計算して貯めるものは貯めて消費していい金額を自分で理解しそれに応じた消費をするようにしています。
旅行や外出の頻度は下がりましたが、分相応を意識しないとなと強く思いました。
◆返信ありがとうございます。
そう 恐怖感 まさにその通りです。
ちょっと前まで 一万円のクリームなんて誰が使うんだろうと思っていたのが 実際買ってみていいと 贅沢品から必需品に変わる
多分2000万 3000万 あっても きりが無い
欲深い自分と毎日戦っている感覚です。
◆うちも浪費が多いので、そうだなぁ~と思って読んでいました。もうお子さんが中学生と高校生なら、学費や老後資金も用意できてるならいいのかな~とも思いますけど…
うちも40代に入ったところで、年収では1000万円を超えてますが、子供が小さいうちや親や自分たちが元気なうちだけなので年3回ぐらい旅行にいってます。他のレジャーも福利厚生を使ってかなり行ってます。
でも、気づけば教育費と老後資金と金融資産で2500万円はいってるみたいです。あと20年以上も節約だけしていくのもつらいので、稼ぐためには使わないとかなと思いますよ。ちゃんと働けば年金も入りますので。
お子さんが育ってしまえば、あとは老後資金なのでそのくらいいいのではないでしょうか?
◆てゆーか句読点打つ時と、スペース空ける時ってなんか理由あるん?
◆年収1000万円前後が、余裕があると勘違いして、破綻する家計が多いといいますからね。
身の丈に合ってない生活水準にしてしまったのが原因でしょう。
私は30代後半で、世帯年収は1500万ですが、3人家族の年間支出は500万円程度です。
老後資金で、60歳までに1.5億円程度の貯金する予定です。
◆年収1000万付近が一番破綻しやすいと言われていますからね
フリーターになったつもりで節制して下さい
◆美容に使うお金は非常に少ないと思います。私は非常に薄給なOLですが、月いちで美容室いくし、コスメもデパコス、ドトール、スタバも毎週いきます。もちろん外食もします。年収がそんなにあるのに、BBクリームやアスタリフトなんて、悲しすぎます
主婦の方ももっと楽しんでいいはずです。