【コラム】アパートの退去費用の相談です。1Rのアパートを15年部屋を借りていま…

【コラム】アパートの退去費用の相談です。1Rのアパートを15年部屋を借りていま…

アパートの退去費用の相談です。1Rのアパートを15年部屋を借りていま…

アパートの退去費用の相談です。1Rのアパートを15年部屋を借りていますが、脱衣所とキッチンのフローリングに黒ずみができています。カーペットは定期的に変えていたものの、変色してしまいました。個人の大家さんが 訪ねてきた時に、経年劣化ですかねとお話ししたのですが、気になるようでしたら上から何か塗らないといけないとお話しされてました。部屋は20平米で、壁紙にも生活汚れと小さな穴が数カ所あります。この先の退去にあたりどの位原状回復費用が掛からますでしょうか。

■15年間も借りたのなら、私が大家であれば敷金は全額お返しします。...アンサー

■15年間も借りたのなら、私が大家であれば敷金は全額お返しします。
賃貸住宅(アパート・マンション)の原状回復というと 『借りた状態に戻すこと 』と考えがちですが、実際はそうではありません。
賃借人(借り主)の費用負担で、『借りた状態に戻す』 必要はありません。
賃貸人(大家)は、賃借人が通常の状態で使用した場合に時間の、経過に伴って生じる 自然消耗等は、賃料として回収していると考えます。
平成26年8月26日に『退去時トラブルが絶えないため、明治時代に定められた民法を見直す』との発表がありました。
汚れやキズの原因が、賃借人の故意または過失でできたものなら、その部分のみ費用負担でしょう。
残りの部分は、次の入居者獲得のためのリフォーム工事です。本来、大家が負担すべきものです。
◆コメント下さりありがとうございます。
このフローリングの染みも通常の仕様の範囲内か心配しておりました。自然消耗と扱われると良いのですが。
◆少し前に1Rに住んでました。
8畳ほどの広さのフローリングの部屋でした。
退去の時壁紙とフローリングと網戸をやりかえないといけなくて請求されました。
網戸5000、壁紙30000ちょい、フローリング70000~80000位。
トータルで13万位かかったと思います。
↑は3年前の話なので記憶が少し曖昧ですが大体の額は合ってると思います。
住み辛い部屋でしたので1年経たず出ましたが猫飼いの為全部やりかえでした(>_<) ◆記載されている文面だけ判断すると、ヤニ汚れがないのであれば壁紙の負担はほぼ0です。 普通ならフローリングの変色は負担しないといけません。


質問タグ:フローリング,大家,アパート,退去,カーペット,賃借人,壁紙

【緊急】築40年、リノベーション済み一戸建て(耐震証明あり)について 先日…

築40年、リノベーション済み一戸建て(耐震証明あり)について 先日…

築40年、リノベーション済み一戸建て(耐震証明あり)について
先日築40年のリノベーション済み一戸建てを見に行きました。売主との直接売買の物件で、工事は1社提携の工務店が工事したとのことです。 見ると外壁、内装、屋根1部すべて新しくされており、窓枠もすべて新品が入っていました。
壁も断熱入れて一新しているとおっしゃっていました。
フラット35対応、耐震の診断書も発行しますとのこと。
いい土地で環境がよく、築40年でもそこそこ金額がたかい物件です。
耐震の診断が出るなら、いいかなと思ったのですが、よく考えると、売主と工事業者が
グルになって適当な診断署を出されただけで実は耐震に弱いのであれば、あと数百万出して
新築を買ったほうが得なんじゃないかと迷いが出てきました。
大きい買い物をするゆえ、とても不安です。そして隣の家とつながっている長屋であり
この購入しようと思っている家のみ耐震がされていても、となりが築40年のままなら耐震
的にはどうなんだろうと思いました。知識のある方どう思われますでしょうか。

アンサー

はじめまして、耐震診断診は、誰でも出来るわけではありません、この診断をすると、設計事務所ではなく、診断をした人物が責任を取ります。もちろん保険も入っていると思われます。ただどこまで説明を受けているか分かりませんが、 耐震診断がどこまでの数値で診断をしたかです。最低限の数値での診断ではないでしょうか❗
◆見た目だけ綺麗でも40年前の物件の価値は0です。フラット35 対応の診断書なんて最低レベルの基準です。国の規定なんて全て書類ベースでザル審査ですよ。同じ基準で買うなら新築に限ります。
◆①そんなに気になるのであれば「ホームインスペクター制度」を利用して、この建物の「現状調査」をすれば良いだけですよ。
s://wwwjshiorg/
②もしも売り主が「住宅診断」を拒むのであれば、あなたが疑っている様に、危ない物件なのかも知れませんね。
「補足」があれば「追記」が可能です。
◆我が家も、築37年のリノベーション物件の購入を検討しました。45坪の土地でした。結果的には、銀行の融資が否決でした。結局、近い地域に60坪超の土地を購入し、小さな平屋を新築しました。価格差は、1000万円超でした。リノベーション物件に対する担保価値の評価が低かったのだと思います。内装など綺麗なリノベーション物件は、屋根と外壁は、そのままですが耐震の証明書はでました。やはり、35年後を考えると、新築の方が現実的でした。平屋、バリアフリー対策など、自分好みが実現出来ました。
◆>あと数百万出して
新築を買ったほうが
数百万の差で買える新築で良いなら迷うことなく新築でしょう。
中古住宅はその予算で気に入った新築がない場合に選ぶものです。


質問タグ:リノベーション済み一戸建て,耐震,売主,築40年,たかい物件,リノベーション物件,数百万

【!】L’interview. Eric Quénard, premier adjoint au maire de Reims, ex…

L’interview. Eric Quénard, premier adjoint au maire de Reims, ex…

L’interview Eric Quénard, premier adjoint au maire de Reims, explique la politique de rénovation des anciens quartiers de la ville
Eric Quénard: D’abord l’idée principale derrière c’est de penser aux habitants Quand on entame une démarche aussi large que celle-ci qui vise à démolir mais surtout à réhabiliter, changer le cadre de vie c’est d’abord pour les habitants Et c’est comment faire en sorte que les habitants de ces quartiers s’approprient ces projets, ce soient pas des projets qui soient définis dans un bureau très lointainement des habitants mais comment ils puissent y être associés Donc c’est à travers des réunions de concertation, avec les habitants
Par exemple, nous en avions fait plusieurs sur ce secteur-là, en particulier, quand il s’est agi de démolir cette passerelle commerciale qui existait depuis une trentaine d’années et qui aujourd’hui va donner lieu à de nouveaux commerces en rez-de-rue, avec de nouveaux lgements construits pour transformer, changer le cadre de vie dans ces quartiers qui ont été, faut-il le rappeler, des quartiers construits dans les années 70 et qui se sont petit à petit dégradés
Le journaliste: Qu’est-ce qu’ils vous ont reclamé ?
フランス語の和訳をお願いします。

アンサー

インタビュー。
ランスの最初の副市長であるエリック・ケナード(EricQuénard)は、旧市街地の改修に関する方針について説明しています。
EricQuénard:まず第一に、その背後にある主な考え方は住民を考えることです。解体することを目的とした、特にリハビリテーションを目的としたこのような広範なプロセスを開始するときは、住民の生活環境の変化が最優先です。そして、これは、これらの住民の住民がこれらのプロジェクトを適切に行うための方法であり、住民から遠く離れた事務所で定義されているプロジェクトではなく、どのように関連付けることができるかということです。それで、住民との協議を通してです。
例えば、30年前から存在していた商業橋を解体するためには、この分野でいくつかのことをしてきましたが、今日では、 -de-rueは、新しい建物を改築するために、70年代に建設された郊外の住環境を変え、徐々に劣化してきました。
レポーター:彼らはあなたの何を主張しましたか?
◆インタビュー。
ランスの最初の副市長であるエリック・ケナード(EricQuénard)は、旧市街地の改修に関する方針について説明しています。
EricQuénard
まず第一に、その背後にある主な考え方は住民を考えることです。
解体することを目的とした、特にリハビリテーションを目的としたこのような広範なプロセスを開始するときは、住民の生活環境の変化が最優先です。
そして、これは、これらの住民の住民がこれらのプロジェクトを適切に行うための方法であり、住民から遠く離れた事務所で定義されているプロジェクトではなく、どのように関連付けることができるかということです。
それで、住民との協議を通してです。
例えば、30年前から存在していた商業橋を解体するためには、この分野でいくつかのことをしてきましたが、今日では、 -de-rueは、新しい建物を改築するために、70年代に建設された郊外の住環境を変え、徐々に劣化してきました。
レポーター
彼らはあなたの何を主張しましたか?


質問タグ:Le journaliste,en particulier,Par exemple,Donc c’est,EricQuénard,petit dégrad,住民

【マル得】L’interview. Eric Quénard, premier adjoint au maire de Reims, ex…

L’interview. Eric Quénard, premier adjoint au maire de Reims, ex…

L’interview Eric Quénard, premier adjoint au maire de Reims, explique la politique de rénovation des anciens quartiers de la ville
Eric Quénard: D’abord l’idée principale derrière c’est de penser aux habitants Quand on entame une démarche aussi large que celle-ci qui vise à démolir mais surtout à réhabiliter, changer le cadre de vie c’est d’abord pour les habitants Et c’est comment faire en sorte que les habitants de ces quartiers s’approprient ces projets, ce soient pas des projets qui soient définis dans un bureau très lointainement des habitants mais comment ils puissent y être associés Donc c’est à travers des réunions de concertation, avec les habitants
Par exemple, nous en avions fait plusieurs sur ce secteur-là, en particulier, quand il s’est agi de démolir cette passerelle commerciale qui existait depuis une trentaine d’années et qui aujourd’hui va donner lieu à de nouveaux commerces en rez-de-rue, avec de nouveaux lgements construits pour transformer, changer le cadre de vie dans ces quartiers qui ont été, faut-il le rappeler, des quartiers construits dans les années 70 et qui se sont petit à petit dégradés
Le journaliste: Qu’est-ce qu’ils vous ont reclamé ?
フランス語の和訳をお願いします。

アンサー

インタビュー。
ランスの最初の副市長であるエリック・ケナード(EricQuénard)は、旧市街地の改修に関する方針について説明しています。
EricQuénard:まず第一に、その背後にある主な考え方は住民を考えることです。解体することを目的とした、特にリハビリテーションを目的としたこのような広範なプロセスを開始するときは、住民の生活環境の変化が最優先です。そして、これは、これらの住民の住民がこれらのプロジェクトを適切に行うための方法であり、住民から遠く離れた事務所で定義されているプロジェクトではなく、どのように関連付けることができるかということです。それで、住民との協議を通してです。
例えば、30年前から存在していた商業橋を解体するためには、この分野でいくつかのことをしてきましたが、今日では、 -de-rueは、新しい建物を改築するために、70年代に建設された郊外の住環境を変え、徐々に劣化してきました。
レポーター:彼らはあなたの何を主張しましたか?
◆インタビュー。
ランスの最初の副市長であるエリック・ケナード(EricQuénard)は、旧市街地の改修に関する方針について説明しています。
EricQuénard
まず第一に、その背後にある主な考え方は住民を考えることです。
解体することを目的とした、特にリハビリテーションを目的としたこのような広範なプロセスを開始するときは、住民の生活環境の変化が最優先です。
そして、これは、これらの住民の住民がこれらのプロジェクトを適切に行うための方法であり、住民から遠く離れた事務所で定義されているプロジェクトではなく、どのように関連付けることができるかということです。
それで、住民との協議を通してです。
例えば、30年前から存在していた商業橋を解体するためには、この分野でいくつかのことをしてきましたが、今日では、 -de-rueは、新しい建物を改築するために、70年代に建設された郊外の住環境を変え、徐々に劣化してきました。
レポーター
彼らはあなたの何を主張しましたか?


質問タグ:Le journaliste,en particulier,Par exemple,Donc c’est,EricQuénard,petit dégrad,住民

コメント